2011年12月19日 八丁堀 大根。

b0166747_10205483.jpg
サイト制作と管理を請負っている某社との忘年会。制作実務を頼んでいる会社のスタッフも呼んで六名のはずがゲストの一人が当日キャンセル。当人がうまい地酒を呑みたいというのでここ大根を選んだのに残念、コース予約のため実費もしっかりとお支払いですわ。


b0166747_10301884.jpg
料理は五品、〆は貝柱ごはんと蜆汁、それにデザートのコースが五千円。特に秀逸だったのが造り、シメ鯖と雲丹が絶品、あと焼き物も旨い。量感もまずまずで、旨い物好きの親しい方とカウンターで一献やると喜ばれそう。ちなみに、店主はこちらのご出身だそう。


b0166747_10303535.jpg
二一時半ラストオーダーゆえ基本十六席の店内は実質一回転ほど。平均予算は呑んで食べて五〜六千円ほどと予測。今回は呑みものの合計が五名で一万円未満と上上の着地、主客がノーアルの成果。のち自然散会、何となく健全時間の帰宅を促進するような街の空気。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-20 10:39 | 外で呑む。

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121