2011年11月11日 魚のおいしいイタリアン、うれしー。

b0166747_10304065.jpg
外食業界でもフェイスブック等のSNSやツイッター、ブログを積極的に取り組む店も増えましたが、一方的な売り込みトーンが多勢の中、繁盛店のそれに共通しているのは共感を得られる温度や距離感があること。自然とつながる空気を創出するのは難しいですね。


ぐる●なびが、食●ログ同様に評価コメント機能を追加するそうです。食べ●グでは有用な評価を講じていた初期の開拓者が続々とリタイヤし、薄っぺらな投稿が膨大になりつつある感がありますが、そんな中から有為な質を見極めるなんて検索自体が面倒に思います。


がぶ飲みワイン酒場の先駆け、ポンデュガール。ワインボトルに価格を書き込むスタイルが話題になったのが六年前、それが今、どこかの真似ですねと言われるそうです(同店サイトより)。一人の客のミスリードが全体をミスリードする例は今後も増えるでしょう。



最近、仕事でも安直な相談が多くて、敢えて依頼主が持つ伝統や独自の価値を自問してもらうようにしています。来て欲しい客層を持っているのなら、徹底的に寄り添い卒業させない努力が大事だし、新しい店をつくるなら、屋台骨をさらに太くする努力が大切だと。


なんて、テルミニのカウンターでワイン呑みながらふと。肉食系ラインナップの中で燦然と輝く魚介メニュー、黒そいと白貝の発酵バターソースは美味。料理番女子もウデをあげたし、店主も結婚しマスマス脂がのるし。街と客と長いながい付き合いが期待される店。

b0166747_10315085.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-11-12 10:41 | 外で呑む。

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121