休肝日を逸す。

朝、新富町駅から豊洲駅、ゆりかもめに乗り継ぎ東京ビッグサイト。
水曜は暑かった、A4ペラ千枚の納品で大汗。打合せ後の帰り、人
だかりに気づき、近寄ってみるとオリンピック招致で話題のあれが。

b0166747_954222.jpg

ホントよくできている。勝鬨橋からずーっと・・・お、弊社近くの
建物もあるやんけ、ならばこのマンションはと探したが、遠くだし
小さすぎだし、ようわからんが、童心に帰ったひと時は楽しかった。

夜は事務所に一人、酒抜きに絶好であったが「東長」をぐい呑みで
二杯だけ呑んだ。その程度なら抜けよ、というなかれ。その二杯で
気分を切り替えて夜を終えられるの。って言い訳の引き出しは多し。
[PR]
# by t-jack2121 | 2009-04-23 22:56 | 飲食店雑記。 | Comments(0)
焼き鳥は新橋に馴染みの店があり、この店には年数回しか行かない。
それでもスタッフの一人とは顔馴染みで、銀座の昨今の状況を語り
合ったりもする。手頃な値段で、良い肉質の串焼きを頂けて有難い。

某麦酒メーカーの営業の話では、この一年間に銀座の飲食店350
以上が閉店したそう。そんな話をしながら終電時間近くまで呑んで
いると、確かに客の引けは早いし。普通にやってるだけぢゃ大変だ。

ここでの〆はチキンライスが定番。齢七十超えの通称じっちゃんが
作る逸品だ。店には二人の高齢者がおり、彼らが串を焼き鍋を振る。
若いスタッフとのコントラストが絶妙で、何とも微笑ましく楽しい。

b0166747_9383290.jpg

[PR]
# by t-jack2121 | 2009-04-21 09:39 | 外で呑む。 | Comments(0)
b0166747_23125541.jpg

三十代の頃よく通った。地酒ブームの最中でもグラス一杯が六百円
前後で、今は無くなった虎ノ門の鈴伝に近い価格設定が魅力だった。
あまりに通いすぎて、独立後はぱったりと訪れることを止めたのだ。

ところが先日、ある人からこの店の常連だと聞かされる。昔は私も
そうだったと告げたら是非一緒に行こう、となり。先に着くと私の
顔と名を覚えてくれて懐かしい。そうして、一人麦酒を呑んで待つ。

b0166747_23132181.jpg

十年近く前だか、その頃は刺身三点盛りが九八〇円だったが、今は
十二百円に。だが魅力的な清酒の価格は健在。純米や純吟、一部の
純米大吟醸までもが一杯六八〇円也。だから週末は席予約が必須だ。

「作」穂乃智。米の旨味しっかり、太い呑み応えで傑作。同席者も
複数注文。一杯でも良いから、旨かったなあって酒に出合えたなら
それで幸せ。それが二杯三杯だもの、外呑みが止められないワケだ。

b0166747_23121187.jpg

次は「富久長」八反草。八反錦のルーツといえる稀少の酒米を使用
しているのは、この富久長のみではと聞く。コクの良さにも増して
キレもよい。いつものイメージでいると、その辛さとキレに驚くか。

肴は一般的な居酒屋の品々であり、極上の旨さを求める店ではない。
旨い酒をしこたま呑み四千円程度で楽しめる店に、それ以上の何を
求めようかって気に。だからあんなに通ったんだなぁって、今さら。
[PR]
# by t-jack2121 | 2009-04-17 23:10 | 外で呑む。 | Comments(0)

なるほど@中目黒LOUNGE

仕事を離れて手伝う某プロジェクトのミーティング。中目黒駅から
線路沿いに少し歩いたところにあるカフェ、既に夕方、もう珈琲を
いただく場合でもないので、ギネスを一杯注文し。やがて前菜等も。

集まったのは建築&プロダクトデザイナー。閃きや感覚で仕事する
私とは異なり、ブレストで出てくるアイディアや言葉をきちんと整
理整頓し組み立てる。若くて有能な方々と話すのはとっても楽しい。

何か呑むかとメニューを手にすると、そこにワインの特徴について
ビジュアルかされた表を見つけた。なるほど、こうきたか。個人の
感じ方の差はあろうが導き方としては秀逸。今夜は学ぶことばかり。

b0166747_925240.jpg

[PR]
# by t-jack2121 | 2009-04-13 08:24 | 飲食店雑記。 | Comments(0)
b0166747_2243471.jpg

酒仙堂も、以前に比べてフード類が多くなった。バーで食べるって
どーよ、なんて思ったこともあったけど、食べながら呑めることで
時間の使い方、酒の味わい方に幅が広くなったから、有難いことか。

テリーヌやコンフィなど、店主自ら仕込んだと訊けば、美味しいに
違いないと期待する。で、期待に応える味わいだとこちらも嬉しい。
地麦酒を呑みながらの、深夜の独りメシにもバリエが増えて喜ばし。

b0166747_22441690.jpg

いろんなバーがあるけれど、自分が行きたい時は基本この店のみだ。
別に、他に行く理由がないからだけれど、自分が行きたくなる時は
ひとりのことが多いので、独りを楽しみたい時はこの店を選ぶだけ。

二人の時は、お相手を楽しく語り合うのが楽し。ひとりの時は酒と
向き合える時間を持てるので、公私にわたりイケテない自分を振り
返るにはうってつけ。毒ばかり吐いてちゃ店主に悪かろうが許して。
[PR]
# by t-jack2121 | 2009-04-11 19:41 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121