b0166747_1916066.jpg

徳島の旭若松という酒はごっつい酒だ。太鼓持師匠のブログで知ったのが数年前、その頃はネット検索でも発見しづらかったと記憶しているが、今では結構ヒットするから驚く。45石、一升瓶換算で4500本の造りゆえ入手も至難。

これは新酒、近年はキレ感のある酒が多いと聞き購入を見送っていたが、何と3号タンクは久しぶりに以前の甘さを持った酒に仕上がったと聞き、即、発注。15BYも一本有り、どちらを開栓するか迷ったが、呑む場を考えて若いのを選択。

酒器ギャラリーを運営する方を介し知り合った方が集まっての日本酒を楽しむ会、こんなサイトを構築した方も来られるので、ならば切り札になる酒をと満を持して登場させた。スペック云々を言う方々を黙らせるにはもってこいだ。

以前は、佐賀の東長しぼりたてを持参。その時は、稀少スペックの酒がずらりと並んでいたが、結局、東長が一番人気だった。鼻高々で気を良くし、今回は旭若松を投入した次第。そしたらこれがまた、参加者のツボにハマって大ウケ。

甘いとはいえ、図太いボディ感たっぷりの原酒は19度の強敵。スルスル呑みやがて空となるが、バタバタ潰れる男の子が続出。四国の至宝ともいえるこの酒を通に知らしめたるは、まっこと痛快。あの若松の味が帰ってきたぜよ、師匠。(とはいうけど、よう覚えちょらんき、再発注せんといかん)
[PR]
# by t-jack2121 | 2009-05-08 19:19 | 他で呑む。 | Comments(8)
週の後半、一週間の動物性蛋白質と野菜の摂取量を振り返り飲食店選びをする。
大層なことではなく魚にするか焼き鳥にするかって程度。で、久びさに新橋で
串焼きを食べようとなり、日産本社の前でタクシーをつかまえて「つくね」へ。

乗ったのは個人タクシー、本皮シート張りの快適空間だけど、何とドアは手動。
大手企業幹部を上得意に持つ、いわゆる居酒屋タクシーだと運転手。なるほど
外見は普通のセダンでも抜群の居住性能。でも売上は全盛期の三分の一だとか。

近隣企業の多くはすでに大型連休、そして谷間の平日、いつもの賑わいもなく。
六本九百四十五円のセットを好みにカスタマイズ、あと煮込み、キャベツ味噌、
それをヱビス、剣菱升酒、さらに焼酎をグラスで二杯呑んで、一人三五百円也。

b0166747_14132797.jpg

焼酎は熊本の芋、楽天でも結構人気の「王道楽土」。つくね女将の故郷が熊本
で、地元のご親戚がここの杜氏さんと友人だとか(ようわからん)。そんな間
柄のため蔵から直接仕入れているそうだが、すぐに売切れ店でも滅多に見ない。

ロックで呑む、無濾過だがキレイな味わいだ。元が球磨焼酎の蔵だから、酒の
磨き方に独自性があるのか。誰かに勧めてよと店主にそそのかされ、四合瓶で
六本ほど注文し、店には一升瓶を一本キープ。といえるほど、安いのよこれが。
[PR]
# by t-jack2121 | 2009-05-01 14:13 | 外で呑む。 | Comments(0)
仕事も終わり一息という頃、得意先幹部の方からケータイ着信。いま東銀座に
向かうとこ、事務所で呑もうよと。事務所ってウチか? そりゃ困ると慌てて
出かけ裏銀座へ引き込む。不惑間近の部下二人連れ、既に二軒呑んできた状態。

さっと済ませようと企むが、落ち着いて焼酎をというので「木挽町楓」に潜入。
早速、焼きいも黒瀬をボトルで注文。私は磯自慢の特別本醸造を手酌。暫しの
あいだ呑み語り、店を出てタクシーに乗り、得意先の店がある新丸ビルに直行。
b0166747_127022.jpg


この夜は新丸ビル開業2周年の日、7FのMARUNOUCHI HOUSE はイベント色に
染まり、外食企業やデベロッパーを取り巻くギョーカイ人たちで深夜にも関わ
らず大賑わい。GパンとTシャツで来ちゃた私も、ある意味ギョーカイ人か?

「ソバキチ」でシャンパーニュを空け「リゴレット」に移動。特注ピザを珍し
いワインで楽しみ、気づけば26時近くに。さすがにこの時間ともなれば客は
まばら。タクシーを駆って築地に戻り、これ書く朝を迎えた頃には結構爽快。
b0166747_1273482.jpg

[PR]
# by t-jack2121 | 2009-04-28 12:07 | 外で呑む。 | Comments(2)
b0166747_9533447.jpg

週末夜、連日の呑みだったので事務所で酒抜きの賄いメシ。このまま休肝する
ことも考えたが、お出かけ。雨のみゆき通りを徒歩5分弱、バー酒仙堂に到着。
麦酒、ジンのストレート、モルトのソーダ割り&ストレートの計4杯を頂いた。

b0166747_9535584.jpg

バー店主、今年はトレイルランに注力しているそう。視力低下なのか、常時
眼鏡をかけるようにもなった。この夜は店主の奥方が横に座られ、看板まで。
彼女もスーパーアスリートでフィジカルな話題が中心。オリビアでも聴くか。
[PR]
# by t-jack2121 | 2009-04-27 09:52 | 外で呑む。 | Comments(2)
国際フォーラムにあるカフェでミーティング。しながら横目でお客
ウオッチング、麦酒とカレーやオムライスで独り晩ごはんする人は
結構多い。近くでは無印良品内のカフェも。食事後は習い事なのか。

3時間近く話し終了は21時。電話で訊いたら席が空いていたので
ぎんまるに。最近訪れるペースがめっきり鈍って、マスター御免ね。
若い建築士二名を引き連れ一服。今日の予算は独り三五百円くらい。

b0166747_10252267.jpg

まだ小さな外食企業の新業態で、学生を絡めた企画提案をしようと
いう話になった。美大生に実務を通して社会に必要とされる体験を
積ませたいという彼らの熱意、普通なかなか出合えない人脈に感謝。

そういや、ぎんまるに新しく勤務している中国人女性。日本語も客
とのコンタクトも格段に上手くなった。毎日お客に揉まれていりゃ
成長も早いね。さてさて、笊に残ったお釣りをみると見事予想通り。

b0166747_10254311.jpg

[PR]
# by t-jack2121 | 2009-04-24 10:24 | 外で呑む。 | Comments(2)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121