<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0166747_111432.jpg
図らずも、週に二度も同じ店を訪れるコトになったら・・・。「うれしいな、今日は何を出してあげよう」なのか、「あ〜また来たよ。今日は堕ちるなよ〜」なのか、馴染みのスタッフの表情を窺いつつ、前回訪問の所行をフル回転で思い出しながら席に座る。まー、なんとなく気恥ずかしいですね。ニヤニヤ笑っている顔を見たら「他にいくところないの? ウチも出禁だよ」と心の中で思われてないかな−って。深夜の裏銀座はLOが早くどこも空いておらず、いつも土下座して入れてもらっております。

で、裏メニュー。アシパルマンティエ風ピザ。普段はチキンポットパイに使うであろう生地にうす〜くマッシュポテト、&その上に梅山豚の挽肉とチーズをたっぷり〜の黒胡椒ガッツリ仕上げ。こうした、お客さんを飽きさせないようにとのシェフ提案には必ず乗っちゃいます。ビストロやバルの料理って和食の保有食材とは異なるのでアドリブしづらいようにも思いますが、同店の某OB曰く「やって差し上げようという気があれば、なんとでもなる」。要は完成度よりもキモチ、お互い感謝のキャッチボールを楽しむ。お客さんにとっての「ささやかな今日の悦び」は、そんな瞬間なのかも。とまれ、旨し逸品。

ま、こうしたネタを先にギブされると、もう一杯が二杯三倍と、お会計は鯉のぼりにテイクされること必至。返報性の法則って、やったもん勝ちなんです。どんな商売も「先出しジャンケン」の積み重ねが、ファンを作り、顧客に育て、ゆくゆくはエバンジェリストとなり、お客自らが新しいお客を連れてきてくれる(宗教か?)。受け手の側から供する側の自分をみる・・・PCや電卓じゃできない訓練。

かつてワタクシも、「最短で常連になる術」を実践しておりました。さすがに年を重ねるとアホ丸出しなので控え気味ですが、既に板についたカマボコ。若い頃に出会った飲食店主の方々は「マスター」と呼ぶに相応しく、その技術や人間性がとても魅力的で、お近づきになりたくって編み出した技。基本、店と客はイーブンな関係ではあるが、客の側も努力しないとダメだと思います。その意味では、会計が終わっても「ごちそうさん」のひと言を、言わぬ言えぬ男子婦女子の多いこと。そういう客人が「ねぇ、大将」と宣うの、百年早いわ。ま、店に迷惑をかけると言う意味においては、カウンターにキヲクを置き去りにするワタクシの方が上ですが。何か?
[PR]
by t-jack2121 | 2015-01-31 12:01 | 外で呑む。 | Comments(0)

本日休肝

新年明けて10日、風邪をいただきました。
鼻水がとまらないし、菌の拡散防止の意味で外出せず休肝。

本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by t-jack2121 | 2015-01-10 17:44 | ほんとに雑記。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121