<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

20131231 大晦日

b0166747_11391362.jpg
シゴト納めの30日ギリギリまで取引先2社より問合せ、お正月休みもない方々も多く頭がさがります。ご近所の築地場外市場もここ数日大賑わい、やっと年末らしくなったと思ったらもう大晦日ですね。今年一年、お世話になりありがとうございました。


来年も健やかで穏やかに、おいしい毎日を過ごせるように。友人からいただいた日めくり式の「味のカレンダー」、シゴトにも日々の食にも活かせるようにと、デスクにセットして今年はおしまい。


みなさんが、ご家族や大切な人と清々しいお正月が迎えられますよう、心よりお祈りしています。
[PR]
by t-jack2121 | 2013-12-31 11:39 | ほんとに雑記。 | Comments(2)

20131218 Raifuku MELLOW

b0166747_10592388.jpg
この日はおつまみ系ピッツァと生パスタの撮影、単品10カットとイメージ1シーンを予定どおり6時間で終了。同じ料理でも、お皿とライティングを帰るだけで、ファストフードからホテルダイニングへ、朝食からディナーへと変わります。それをサラリとやられたら「スゴ~イ♪」ってクライアント女子は喜び、巨匠と呼ばれるわけです。カメラマン氏がね。という感じで、シゴトが終わるまではワイン気分でした。


が、いったん帰社すると気分も変わる。気密性の高い小さな弊社オフィスでは、まだ暖房を使っていません。だからというわけでもないが、温かな燗酒がほしくなることが多々。でも、いざ行ってみると、店内は暖房と客の温度でムンムンだから結局のところ冷たい酒になってしまい。


来福のデザート系「Raifuku MELLOW」は仕込み水の一部に純米酒を用いたそうです。ポートを思わせる甘露な口当たりながら酸もある、たしかに食後にぴったりだが、いつ何と合わせて呑むかは工夫したいところですね。海外を意識したのか横文字ラベルが増えている昨今、スペックもよろしく冷やでいただくのがよろしいかと。ただ、冷蔵庫の上に無造作に置かれ、開栓して時間が経っても平気な本醸造を、とりあえず熱燗にして呑んで五臓六腑に染み渡る〜っ的オヤジアソビをしたかったような。
[PR]
by t-jack2121 | 2013-12-19 07:20 | 外で呑む。 | Comments(0)

20131215 SEMPE 15年

b0166747_2301363.jpg
40代最後の誕生日を迎える深夜、ふだん行かない場所で呑んだアルマニャック。20代前半、当時、英国留学を終えて帰国した姉が欧州旅行の土産に買ってきたアルマニャックがすこぶる美味くて、以来、暫くの間ボクにとってそれが特別な存在だった。だが、呑めども呑めども、あの味に近いものが見つからない。

つか、そうではなくてトシを重ねたぶん、口がおごってしまったのかも。きっと、どこかで呑んだハズ。だけど、初めて口にする酒に素直に感動できた若い頃にはもう戻れないのもチト寂しい。値段が高いぶん美味いのは当たり前だけど、そうじゃない有り難さも忘れずにいたいなと思った夜。
[PR]
by t-jack2121 | 2013-12-16 07:59 | 外で呑む。 | Comments(0)

20131210 さら雪 澤の花

b0166747_10182813.jpg
定年後、小学校の用務員をしている常連さん。勤め人の頃から通い続け、今も気になるのか様子見と言って月に二、三度は店を訪れている。隣り合わせた初対面の客にも気さくに声をかけ、店主の人柄や料理を褒めて貶して笑いをとる。酔っ払うとただのスケベ爺になっちゃうんだけど、中高年女子にしてみりゃセクハラまがいもなんのその。そんなユルイ空気の中で、彼はしっかり店のファンづくりに貢献しています。


一方で、頼んでもないアテを勝手につくり、自分用に買った酒を勝手に注いで、ひと段落すると客に交じり酒を酌み交わす店主。料理やサービスを極め、しっかり稼ぐ体制が整えられた飲食店からすると、あり得ない事例で溢れています。とまれ、こんな店が街に一軒あると妙にココロが潤うものです。やがては主の壽命とともに消えゆくのでしょうが、若いころにマネしろって言ってもできない商い方だもんなあ。年を重ねてこそ、か。

勝手に出された今日の酒は、信州の「澤の花」純米吟醸、無濾過生原酒の初しぼり。
[PR]
by t-jack2121 | 2013-12-11 10:25 | 外で呑む。 | Comments(0)
近所のイタリアン酒場で、冬になると出てくる定番がこれ。メニュー黒板に旬の食材を見つけたり、店主から囁かれたりすると、さほど好物じゃないものでもつい頼んでしまうことがあります。季節ものは特別ですね。とかいいつつ、昨晩は何を食べたっけ?と、忘れちまったものをデジカメで思い出したり。シゴトでは家庭的年齢的にもどうよ?というメンバー構成でウェディングツールの企画制作が始まったし、キヲク力も感性もチト磨きをかけないと年を越せないゾと、ムチを入れて師走を過ごす今日このごろ。
b0166747_10285136.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2013-12-10 10:30 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121