<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

20131025 裏銀座徘徊

b0166747_1453372.jpg
台風の中、わざわざホームタウンに(呑むために)来ていただく取引先ボスと、新富町駅スグの「ポンデュガール2」で待ち合わせ。氏は連日の睡眠不足からか体調イマイチらしく「今日は軽めにしようか」と言われたので、ビール2杯のあとグラスですませよう…としたら「コドモじゃないんだからさー」と白のトルボーを1本注文。のち、もう1名現れたことにより更にトルボーを追加。そこへ店主とが現れ、社員旅行のおみやげに店主直筆の名入れ箸をいただきました。どうもありがとう。吉田類みたくマイ箸で酒場を放浪するか。
b0166747_1455730.jpg


結構呑んだし、お店に迷惑にならぬうちに引き上げようとしたら「舌を和風に戻してから帰ろうか」と囁かれ、風雨が強い中、1メーターにも満たぬ距離をシータクで八丁堀へ。閉店間際の「無愛想」のマスターを巻き込み、火を入れてもらい、皿うどんを肴に日本酒や焼酎のソーダ割りなど。この段階で清酒は・・・と思いつつも、千葉「岩の井 ひやおろし」は口当たりがよくてクイクイ呑んでしまった。千葉は米どころ、酒もうまい、でも呑み過ぎ。
b0166747_1462117.jpg

b0166747_146419.jpg

終電もなくなったので約1名がシータクで帰宅し、ふたたび得意先と二人。さあ、もう一台ゲットしようとした途端「あそこで〆て帰ろうか」と囁かれ、同じ八丁堀駅近くの「山福」。豊満な中国人女子が辞めてからつまんないよねー、なんてオヤジ会話しながら餃子、野菜炒め、チャーハン、ラーメンを頼む氏。この段階でこんなに頼んでマヂっすか! ってレモンハイ数杯だもん満腹中枢もハカイダー。

そこへ偶然、シゴトを終えて自宅に帰ろうとする「八丁堀 茂助」専務のふたご弟氏が、店のガラス越しに崩壊間近の我々を見つけてチン入。いやー助かりました、つか悪かったねーSスケくん。こうして軽くすませるはずが6時間のロングラン、カラダをイジメぬいて終わりました。でも、ちゃんと業界人を巻き込んでのシゴト話ばっかりなので、取引先のみなさん、大目に見てやってください。
b0166747_147415.jpg
だいたいね、「体調悪いから今日は軽くねー」とか言って言われて、軽く済んだことなんてありません。つか、アラフィフ男子の深夜メシがこんなんじゃカラダも悪くなるわ。今朝は最悪の五臓六腑、晩ごはんまで絶食です。
[PR]
by t-jack2121 | 2013-10-26 14:32 | 外で呑む。 | Comments(0)

20131023 氷温に中温

いかん、すっかり更新をサボっていたら、広告が出るようになった。つか、誰もみないのだから広告を出しても仕方ないと思うんですけどね。日記的に続けている諸先輩方のようにはナカナカなれず、Facebookさえも面倒になりはじめた今日このごろですが、呑みだけは欠かしておりません。


「珍しい酒が手に入ったから」と馴染みの店の主からメールでお誘い。この店主、日曜ごとに酒を仕入れに行くのですが、基本は準非売品。いや、正しくは、メニューに載せずに呑ませたい人にしか売らない酒。売価(というか会計)も結構テキトーで、一升瓶価格を考えると申し訳ないくらい。と最初は気にしていたのですが、自分も結構呑んで酔っ払っているので同情の余地はほぼ無いか。とまれ、日本酒好きだからと、頭に思い浮かべて連絡してくださるのは酒呑みとしてはこの上なき幸せだと思わねばバチが当たります。
b0166747_11341387.jpg

b0166747_11342877.jpg

「谷川岳」は氷温熟成三夏越え、原酒19度ながら口当たりまろやかでしっかりとしたコクがある。一方の「白瀑 山本」は中温3年熟成、こちらは酸味バリバリで広島の竹鶴を彷彿させる味わい。ゆえ、温めるのが絶対いい。と瓶裏を見ると蔵元もそのように記している。「中温」の意味もね。今回限り、次はないよとのメッセージもあるのですが、この店主は燗酒を好まず。別妙な味わいを試すこと無くカラになってしまうんだろうなあ(涙)。
b0166747_11344479.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2013-10-23 11:39 | 外で呑む。 | Comments(2)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121