<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

最近、チェイン系カフェの看板に「喫煙席ございます」みたいなのが増えたような。分煙ルームの再訴求? うーん確かにそうかもしれない。禁煙席にて珈琲一杯で数時間も粘るノマドな人よりも、カッと飲んでスパっと一服吸って帰るビジネスマンが良い客のように思える。もともとタバコを吸う人には、細切れ時間を有効活用するイメージがあります。時間にして数分、グッと表情を変えて颯爽と店をでていくカッコよさ〜みたいな。ボクはタバコを嗜まないけれど、あの切り返しはいいなあと思う。ニコチンよりもアルコールとの親和性が高いボクはすっかり夜行性になっちまって、結局タバコ以上にカラダに負担を強いる人生を歩んでいますが。


幼少の頃よりヘヴィスモーカーが周囲に多かったせいか、飲食店でタバコを吸う人を気にしません。あんまりひどい置きタバコを見かけたら注意するけど、気持よく吸ってほしいなと思う。ただ(店にもよりますけどね)、喫煙可だとしても、最初からテーブルに灰皿を置いている店と置いていない店とでは、前者の方が周囲への配慮が少ない客が多いような…。カウンターで隣りあわせても「吸っていいですか?」と聞かれることが最近少ないのは、そのせいではないかなあ。最初から灰皿置いているし勝手に吸っても良かろう、みたいな安心感を持たれるのではと。


「タバコを吸われる方は周りへの気配りを♪」的POPもよく見かけるけど、灰皿は最初からセットせず、所望されてから届けるようにすればどうでしょう。店の側も、周囲の状態を改めて確認し注意喚起もできるし、何より双方の客より了解を取れますしね。まあイヤに思う人は何したって嫌なものです。遠慮がちに吸うことを請われ認める一方で吸いたくもない煙を吸うことになるのだから、両者は平等ではない。でも、酒とタバコは切っても切れないものであることもみんな知っている。だからこそ、吸う人のちょっとした心遣いで場を和ませてねと、心の中で願っているのだ(ボクの場合)。


とは言うものの、意外と高等技術なんだよなあ。かつて、四谷の酒場「萬屋おかげさん」では、店内禁煙を周知徹底させるのに1年をかけた。来年いついつから全面禁煙にしますので、どうぞよろしくと。吸う人の気持ちを知るからこその期限付き執行猶予。そうして1年かけた実施後は誰も文句を言わないし、新規客も隣り合わせた客人から店のルールを教わるのです。1年もかけたんだってさー、というストーリィ付きで。3rdブレイスの寛ぎ感、外食的健康促進、非日常の楽しさ、稀少な嗜好性etc ・・・何を守るのかは店それぞれだが、いずれにしても発信せぬものは客の側とて知る由もなし。
b0166747_2249163.jpg
さて、「よよぎあん」隣の常連さんの苦労話につきあい二合も余計に呑みすぎた。ここは肉類がミニマム、基本は魚介と野菜で和酒を楽しむ店。最近は諸雑誌の影響か日本酒がよく出るそう、今宵は「菊駒 純吟生」をぬる燗にしてもらったらグッときた。生酒は冷やし過ぎはいかんね。かといって燗にして佳き方向に膨らみが増すものばかりでもなし、難しいけど楽しい呑み方を許容・開発を手伝うのが佳き店。〆の常温「雪の茅舎」「万齢」も上々、還暦超えの常連氏はタダ酒歓迎のご様子じゃ。


さて、その常連さん。焼酎ボトルの他に両切りピース缶も店にキープしている。着席すると灰皿とともにピース缶が供されるからステキ。晩酌がてら週3〜4日訪れ、50本入りの缶は一週間でなくなるそうだ。誰が隣に来ようが吸う前にちゃんと一声かけるんだけど、ただね、ひと声10本以上。文字通り、モクモクと彼は吸うのだ。その隣でボクは延々と手酌酒。吸われてもなんちゃない。さて、どっちが困ったオヤジだ?

b0166747_22553726.jpg

b0166747_22555230.jpg

b0166747_22561017.jpg

b0166747_22562630.jpg

b0166747_22564099.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2013-03-22 23:13 | 外で呑む。 | Comments(0)
「アイアンシェフ」が3月で打ち切りだそうですね。案内人が若いのに上目線だの鹿賀丈史の存在感には叶わないだの、オンライン上では玉木クンの仕切りぶりがイロイロ話題ですが、最大の原因はオリジナルを尊重しすぎたせいでは?と思っています。そのあたりをマーケ目線で視た、なるほどなぁ的な記事がこちら↓↓

「復刻版がオリジナルから継承すべきヒットの根拠 」

「深夜食堂」や「孤独のグルメ」などマンガから生まれた番組も数多くありますが、これらは日常の食風景の中に透ける生活感や大衆性に共感できるから楽しい。たぶんプロデューサー自身も呑み喰いが大好きだと思います。その意味「アイアンシェフ」は先の記事にあるよう、あらゆる関係者への気遣いもあるでしょうが、他の追随を許さない毒気がないんだな。「酒場放浪記」の吉田類氏がdancyuの日本酒特集で評価者になってちゃダメじゃんと憤慨するのと同じですよ。ん、あーそれは違うかー。


昨晩、新橋の某居酒屋で一献。そこは十数年前、地酒で言うと十四代や田酒等が売れ始めた頃に出会った店。いまは亡き店長がとても熱い人で、休日返上で都内の有名酒店を歩き仕入れしていた話をよく聞かされたものです。仕入れも、ランチも、週末の深夜営業も、お客さんに求められるもの足りないものに応えようと頑張れば頑張るほど店の質もあがり好循環になる。正に、イノチを削って店長は努力していたのでした。そんな思い出があるので、たまに顔を出したくなるわけで。


…だったんだけど、訪れてみてビックリ。スタッフは総入れ替え、品揃えは酒屋のディレクション任せの匂い、それに金曜の新橋で23時LOの23時半退店ってなに?。いや確かに帰る頃には近所の裏路地にある個人店の多くが閉店していたし、24時近くともなれば街を歩く人数も少ない。でも深夜まで賑わいが続く店も少なくないエリア、中でもこの店は…のはずが暫く訪れないうちにめっきり弱体化しちまってた。

b0166747_142518.jpg
(写真は「銀座テルミニ」中根シェフ渾身つまみペペロンチーノ【特注】)


店長に見えて、社長には見えないもの。


以前、後を引き継いだ店長から「社長は数字ばっか見てお客を見ないんだから」との愚痴を聞いたことがある。昨晩はその店長も見かけなかったし、居合わせたおばちゃんも帰り時間が気になっているのか的オーラなもんで、その話を思い出したしだい。
無いなぁ、再訪は…。と思った自分を寂しく思うけど仕方ない。ここの経営者さんも、日本酒が来たとか焼酎はまだかいなとか手っ取り早い方法論に溺れず、お客と向き合う中に見える課題をとらえ、つたえるチカラを磨くべきだと思います。十数年見てきたボクが言うの、僭越でもなんでもないと思うんですが。


自店のみならず他店も含め現場を体感することでしか学べない、解決できないことはヤマホドあることは、昨今の経営者は身に沁みているはず。酒場を良くするためには、酒場で話すことがいちばんです。帳面を見て話すより、表面張力いっぱいに酒を注ぐ方が楽しいに決まってるし、接近戦のコミュニケーション力が求められる小さい店ならなおさら。ボクはそれを地で行ってるわけですが、郷里高知の著名デザイナー梅原真氏のコトバを借りるとそれは「体内マーケティング」と言うそうです。たぶん同義語ではないと思うけど、意外とベンリなことば。てへ。

「梅原真さんインタビュー」


[PR]
by t-jack2121 | 2013-03-02 14:40 | 飲食店雑記。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121