<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

本年のブログ納め

晦日の本日が実質的な仕事納めでした。

当ブログのこの一年は、ハンパな内容に終始した感があります。

とまれ、お付き合いいただきありがとうございます。

来る年も、おいしい、楽しい、笑顔あふれる一年でありますように。

不肖・私T.Jも、公私にわたり貢献できるよう務める所存です。

どうか良いお正月をお迎えください。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-30 18:07 | Comments(2)
今年も多くの開店をサポートしました。都心一等地の商業施設へ出店した企業や郊外型のSモールに認められ加盟店が急増した企業もあれば、既存店を健康志向重視に転換した店や手作り回帰を目指した店もあり、特に7月以降ずっとどこかに関わっていた感じです。


今年最後は今週月曜に開店したもつ鍋屋。もともと弊社取引先の店でしたが、移転のため売却。のち買った先が半年で経営難に陥り、見かねた大家が当時元店長を務めていた現店主に連絡し彼が一念発起。わずか二ヶ月間で話をまとめ造作譲渡ゼロで取得成功の流れ。


契約締結により引き継いだのが今月20日だからわずか一週間。まんま譲渡だし元いた店だから手間いらず、弊社はチラシとタペストリーを用意しただけ。店主は当時より顧客管理がしっかりしていたのか、平日の初日ながら、キャパ24席で来客60名強とは驚いた。


新規客は二名だけと苦笑していたが確かに、自身の店として新規客を増やしファンに育てるのはここから。店主は元フォーミュラレーサー、飄々とした風貌で攻めている。不定休で頑張るそうだが、城を手にしイキイキと働く彼は以前にも増して輝いており羨ましい。


さて、幡ヶ谷という街はナカナカ面白そう。帰り、前日ネットで知った年間赤字220万という千原兄弟の兄せいじ氏の店を発見。入りはしなかったが、繁盛するのもダメになるのも理由があり、その一端がウエブにもうかがえる。人任せ、飲食ナメたら、いかんぜよ。
b0166747_9355578.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-28 09:42 | ほんとに雑記。 | Comments(2)
震災以降、自分に足りないことを考えるより目の前の相手に全力を尽くす、これを座右の銘としてきました。頑張れたか否かは、取引先の業績やお客さんの評価が全て。その意味でまだまだ足りない一年。悔いを残さないよう心がける一方で堪え性も足りなかったし。


改装を機に値上げするか否か逡巡している店から相談された時、迷わず上げるべきだと進言しました。商いの仕方やお客さんとの関係を見直すよい機会だと。飲食店経営の経験がないボクが何を?と言うなかれ。強い店や企業には、きちんとその理由が存在するのだ。


いずれにせよ、後ろめたさが心を支配するとうまくいきません。おいしいとありがとうの笑顔で店内が満たされるイメージの旗を立てなきゃ。そんな話をしたくてしたくて仕方がないのに、経営する人にしてみれば現実論からの積み上げになりがち。それも仕方ない。


私事ながら今日は亡父の十七度目の命日。オヤジがボクの年に何を思うたか、少し前ならよく考えていましたが、今はあまり思わないなあ。朝イチに母へ電話、仏壇に線香をと頼む。離れて暮らす中で逝ったから、いないまんまが自然。あと十年で歳が追いつくぜよ。
b0166747_11201225.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-27 09:21 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
地球的第4クオーター終了の冬至、一回り上の先輩とサシ呑み@つくね。図らずも先代の急逝により若くして社長業を務める四国のボンをどう育てるか、とマジな話をさつま島美人お湯割り片手に。土佐柚子を使うつくねの出来は上上、肉は築地鳥藤の大山鶏を使用。


炭火でじっっくり焼きあげたヒナ正肉は一本百五〇円。十年来の付き合いのある店主自ら焼くが、訪れる日により肉質と焼き加減、そして塩味も微妙に変わります。素材の個体差もさることながら焼き手の状態がモロに出る。この日は花マルの出来、お連れも喜んだ。


b0166747_11262986.jpg
のち、一緒にタクって新川のサル。今宵は久しぶりに社長が夜店に立つと聞いて利き麺会。もっちりコシを感じる絶妙の釜揚げと、なめらかでエッヂの立つ水締めは彼ならでは。一番難しいのは茹で、そして一番大切なのは旨いうどん食わしたるぞ、という想い。


こんぴらサル社長は一回り下で、彼と先輩とボクは辰年で来年が年オトコ。中でも最年少の彼からはたくさんのエネルギーをもらえています。三店舗の会社経営で起こる様々な事象に、諦めず投げ出さず挑み続けて頭が下がる。怒らせると怖いが上下関係があるしね。


先輩と東西線の最終で見送ったあと、上京したネコ氏が首を長くして待っているというのでバーへ。二時間ほど放置したけど常連もいたし良かろうて。サイドカーなんぞいただいて本日の仕上げ。日曜に誕生日を迎える店主の前祝いに泡もいただき、二六時過ぎ終了。
b0166747_11265865.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-23 11:35 | 外で呑む。 | Comments(0)
b0166747_10205483.jpg
サイト制作と管理を請負っている某社との忘年会。制作実務を頼んでいる会社のスタッフも呼んで六名のはずがゲストの一人が当日キャンセル。当人がうまい地酒を呑みたいというのでここ大根を選んだのに残念、コース予約のため実費もしっかりとお支払いですわ。


b0166747_10301884.jpg
料理は五品、〆は貝柱ごはんと蜆汁、それにデザートのコースが五千円。特に秀逸だったのが造り、シメ鯖と雲丹が絶品、あと焼き物も旨い。量感もまずまずで、旨い物好きの親しい方とカウンターで一献やると喜ばれそう。ちなみに、店主はこちらのご出身だそう。


b0166747_10303535.jpg
二一時半ラストオーダーゆえ基本十六席の店内は実質一回転ほど。平均予算は呑んで食べて五〜六千円ほどと予測。今回は呑みものの合計が五名で一万円未満と上上の着地、主客がノーアルの成果。のち自然散会、何となく健全時間の帰宅を促進するような街の空気。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-20 10:39 | 外で呑む。 | Comments(2)
b0166747_11554264.jpg
今週と来週の後半は、日本全国で相当量の酒が消費されるでしょう。業界全体が書き入れ時な頃に3名以上でテーブル席を当日予約できる店なんてないね。なんだTJさん今日は無理に決まってるでしょって言われるのがオチ、でもいちお声色変えて電話してみたり…。


うどん粉の配合変えたから食ってみてとこちらの社長からメールあったので、近所がいいかなあと電話してカウンターに滑りめたのがトルトゥガ。ご夫婦で経営されている路地裏の小さなスペインバル。泡とグラス白、赤ボトル1本で少々つまむ。空気感の良いお店。


そこから徒歩数十歩。うどんの前に凱陣2種を計6合ずつでつまみ3品、小うどん4品を三人でシェアして腹パンパン。配合を変えたうどんは水で締めた麺が最高だ、しかし釜揚げ系は少々ボヤける感じ。エッヂの立つコシと伸びのあるもっちり感は両立は難しいんだ。


のち酒仙堂でブレンドを二杯。三人で入れてくれたけどボクだけスタンディング。連れの後輩女子は昨年ご主人が若くして急逝され、やっと立ち直ったとの連絡で三年ぶりに逢った。だからボクもそれなりにエネルギー使ったらしく見送ったあと急激に酔いが回った。
b0166747_1156477.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-17 11:59 | 外で呑む。 | Comments(0)
b0166747_10561815.jpg
前職時代、会社の契約カメラマンに不足を感じ当時新宿の老舗ホテルの専属だった方のオフィスを尋ね依頼した。初仕事は確か永田町のマツヤサロン。以後二十年近く、独立後もお世話になっているそのカメラマン氏と弊社で、ボクの誕生会を大好きなよよぎあんで。


還暦を過ぎた氏は、旨いメシと酒に共感しあえる数少ない先輩。ボクが好きになるクリエイターは、酒を愛し料理を食べる作るが好きな人。そういう人でなければ、この店の良さはわからないとさえ思ったり。そんな先輩が相手なら後輩の特権を発揮して甘えられる。


そういう場合は手酌協会の掟は封印し差しつ差されつで。写真の三種以外にも店主がいろいろ開けてくれて結構呑んだが、水も2リットル近く摂ったので快調。別れ際の握手とハグは今日が最後だとしてもの思いかな。この日彼をお誘いして良かったなあと思えた夜。


ちなみに。先日テルミニで出陣式を行った某ホテルの制作コンペ、みごとに勝利。一年半ぶりに奪回したことをご報告します。ご協力いただいた関係者の皆さん(およびテルミニY澤さんも)、ありがとうございました。あと相棒氏よ、まっことおつかれさんでした!
[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-16 09:52 | 外で呑む。 | Comments(0)
知人から烏龍茶の希釈シロップをいただき飲んでいます。10倍に薄めるタイプで原液を見ると少々グロい。容量は3.5リットル超、一回15ccずつ使っても230杯以上。これを150円で売ったら〜とか、つい考えます。ファミレスのドリンクバー、儲かるわけだわ。


水曜、前日にオープンした店でランチ営業の打合せ。訊けば20名の予約が入ったものの音無しキャンセルとなり、電話しても繋がらなかったとか。この手の話は身近でも良くあり、嘘の電話番号を告げての嫌がらせでしょう。とまれ、いちいち気にしても仕方なし。


赤坂BIZタワーすぐ近くのビル地下で入れ替わりの多かったらしいが、ここらで終止符を打って繁盛してほしいもんです。仕込みたての静岡おでんはダシ色がまだキレイ。浜松直送の餃子もあり、静岡色が強いけど社長は山梨出身。ほうとうやワイントンもあります。
b0166747_10232813.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-15 09:21 | 飲食店雑記。 | Comments(0)
b0166747_9521647.jpg
師走の忙しさは今週がピーク。木曜より販売する新商品、19日より始まるランチの訴求関連、そして21日オープンの案件が集中した火曜。必要数1枚、2枚というものを含めポスター5種、ペラのメニュー3種、フライヤー1種の入稿が完了。これを中一日納品。


シゴト仕舞いが22時、急ぎポールへ向かうもLOのため一気に注文。次々とくる料理をグラス三杯でやっつける。メインはグツグツあつあつストゥブの焼きカレー、鶏肉と卵入りで意外とボリウム&シズル感たっぷり、千円の価値を感じる「らしさ」のある一品です。


他のグループ店よりも夜メニューが若干弱めは仕方なし。でも以前同様ランチ営業のハンディはあるにせよ、今の店にないのはうねるような空気感。今の客数がリピート意欲減退の現れだとすれば、卒業されないための補講が必要です。繁盛店づくりは本当に難しい。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-14 09:51 | 外で呑む。 | Comments(0)
b0166747_10331753.jpg
月曜夜、八丁堀の思案橋別館にて。寒いんだけど燗酒嫌いの店主が勧めるがままに冷酒を呑む。群馬の土田、地元では誉國光ブランドで知られる土田酒造の酒。しかしモンドセレクションってどうよって思うけど、主はそれに惹かれ買ったらしく、それなりに成功か。


店主と常連氏との間で、平戸にはオランダちゃんぽんがあるという話になった。それなあにと訊くと、どうやらチーズが入っているらしい。テレビで観ただけでレシピはわからんが試しに作ろうということで試食。あと乗せでパルミジャーノをかけたりして遊んだ夜。
b0166747_10335675.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-12-13 09:32 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121