<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

28日は弊社の忘年会、社員ふたりいつもの店で。この一年、新しい仕事仲間に出逢え、繁盛する飲食店に学び、呑み友だちも増える一方で、去っていった取引先もあり。頭の中の棚卸しを行い、このままじゃダメだ〜、ではなく、こうして行こうゼッ、となって吉。



さて、ある目的で続けてきた当ブログ。このスタイルはソロソロ終わりかなと思っています。違うトーンにしようか、否終了させようかと悶々。いずれにしても、何らかのカタチで発信することには変わりございませんので、今後ともよろしくお願い申し上げます。



この一年のご訪問、ありがとうございました。
ここを訪れたいただいた皆さまのご多幸とご健康を心よりお祈り申し上げます。
どうか、うまい酒を呑んで、よいお正月をお迎えください。


T.JACK

[PR]
by t-jack2121 | 2010-12-29 11:26 | 飲食店雑記。 | Comments(6)
b0166747_13392151.jpg
ひと月に十三度の呑み会は、設立史上で最多となったこの師走。体調は上上、しかし脂のノリも最太、年末年始の呑みを終えたら節制しよう(予定)。とまれ、最近の事務所ランチは至ってシンプル、今日はワシの地元、土佐のちりめんじゃこを粥でいただきました。


郷里の高知県宿毛市は、太平洋に面した土佐にあって唯一、豊後水道を臨む街。地理的には、あらゆる交通機関を使っても時間的に東京から最も遠い市のひとつ。だけど、豊かな山の養分を海に伝える川があるため、宿毛湾は土佐有数のちりめん漁場でもあるのです。


脱藩を志していたワシがこの土地で過ごしたのは小学校まで。当時、家の近所のちりめん工場に同級生の父上が勤務していたので、登下校の際、挨拶がてら天日干し中のちりめんからタコやイカのコドモを見つけて試食しては怒られたっけ。もう三〇年以上も前の話。


塩だけで茹で上げ、あとはお天道様にさらして天日干し。そんな昔ながらの製法で今も作り続けているのが浜田海産物店。数年前に平松洋子さんの本で紹介されたのを偶然にも拝見し、しかも社長はワシの先輩やった。で濱田社長、宣伝はこんな感じでえいですろう?


b0166747_1340326.jpg
これがちりめん。カタクチイワシの稚魚、骨はまだうっすらでやわらかくて本当に美味。ごはんやお粥はもちろん、チャーハンやパスタ、チヂミにかき揚げと万能。


b0166747_1341171.jpg
これはカタクチイワシやキビナゴの稚魚のミックス。骨が出来たぶん、鉄の味がします。そのままはもちろん、おひたしにかけて、また根菜類の煮物の即席ダシにも。


b0166747_13412328.jpg
さらに清水サバの稚魚の煮干。頭と腹ワタを除くと風味豊かできれいなダシがとれる他、醤油漬けにしてツマミにも。さっと炙り七味マヨネーズでも旨いっす。


b0166747_13414793.jpg
土佐料理の名店で使うポン酢にも採用されている、宿毛市名産の柑橘「直七」。その搾り果汁を瓶詰めにしたものもお取り寄せ。なんというか、南国の清冽な柑橘って感じがします。ちりめんじゃことの相性は抜群だし、塩分があるけどカクテルにも使えそうな感じ。


b0166747_13421658.jpg
てなことで、今日は七分づき米のお粥。半合で茶碗二杯の量、ダイエットには抜群。お米は以前も紹介した愛情倶楽部池田さんの手作り米。ちりめんの商品力は素晴らしく、自然の恵みと伝統製法の賜物。あとは送り先を想う届ける側のソフト力強化ですよね、先輩。

b0166747_1435988.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2010-12-28 13:13 | 飲食店雑記。 | Comments(0)
b0166747_10415669.jpg
年賀状を一気に書こうと頑張っていた金曜、相棒氏の知人にして呑み仲間の汐留の飛行機嬢から連絡。先月飛んだ取引先の債権処理で多忙な毎日らしく、イヴも散々だと。なら銀座へおいでと。その前に酒仙堂の主が翌日バースデーなので、祝い持参で泡二杯ほど。

22時前、どこも空きがないのでとりあえず東銀座82ALE HOUSE。一杯呑み干さぬうちに保険をかけていたテルミニから空きの連絡があり即直行。そういや月曜日も来たなあと思いつつ店に入ると、女子同士呑みの多いこと。似たような事情の女子も多いのかしら。


12月の近隣業界売上は前年以下の気配だとか。経済的理由もあろうが、一軒め目当ての店がダメなら他店も行かず帰る層も多く、ハシゴを控える傾向も顕著です。家呑みが主流とはいえ、顔を見に行かずにはいられないような、魅力のある店が減ったということか。

さて、宅呑みにも縁がなく、事務所呑みも特に少なかった今月はこちらのグループ店利用率が高かった。コスパの高さは秀逸だし、お連れする女子は遠慮無くガッツリいってくれるし。店と女子に貢献したものの、脂貯蔵と肝臓酷使もかなりなもの。あと一週間です。
[PR]
by t-jack2121 | 2010-12-25 10:41 | 外で呑む。 | Comments(0)
b0166747_113321100.jpg
今夜こそはゆっくり胃腸を休めようと思った水曜の夕方、ここ暫く仕事をご無沙汰していたカメラマン氏から電話がありました。で、代々木あたりでどうよ?と仰るし、まあ仕方ないね〜♪と自分を労るより旧交を温めることを優先し、一週間ぶりのよよぎあんへと。


氏は子年の六二歳。この業界に転職したころ、西新宿の某ホテル専属のカメラマンを務めていた氏に、どうしても自身のクライアントに協力してもらいたく、お願いに出向いたのが十七年ほど前。そんなに長い付き合いですかと言いつつ、近年の不義理を詫びるワシ。


北海道出身の彼、仕事の現況、過去の作品の生かし方、ブログを始めたこと、義母の介護や実家売却のことなど、この一年が大変だったことをお話いただいた。心もとない年下のワシが聞き役で恐縮だが、少しは気が晴れてくれたかな。燗酒もよく進んだようだし。


途中、相棒氏も参加して呑み直し、のち帰りは同じ方向だからと二人と分かれる。人生の先輩が後進に伝えたいことを汲み取りバトンを渡すこともワシらの努め。彼と将来の自分を重ねたり、感慨も深い。見た目も若く元気なイケメンオヤジ、お逢いしてよかった。
b0166747_11351455.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2010-12-24 09:35 | 外で呑む。 | Comments(0)
正月明け5日に入稿しなきゃいけない両面フライヤー、ちゃちゃっと構成を考えサムネイルを作り忘年会の冒頭でご確認いただいて〜な火曜日。場所は、過日呑んだ樽酒をご手配頂いた焼き鳥つくね。出席者は取引先の幹部とオカマなWEBデザイナーとワシの三人。

年末は七千個も販売したおせち料理の出荷と、年始はテナント施設の初売りやらで多忙な取引先。弊社も閑散期の2月テコ入れ後、歓送迎会シーズンに向けた販促などで忙しくなりそうだけど、現場スタッフの勉強がてら、定例呑み会を企画するような指示もアリ。

ま、得意とするところではあるものの毎月はねぇ。そんな話で焼酎四合瓶を空け升酒も二合ずつ。結局は仕事の話になるのは仕方なくも、今宵の焼き鳥の塩加減と焼き上がりは絶妙。カウンターには常連の金物屋御曹司とぽっちゃり女史を発見、差し入れも頂き深謝。
b0166747_10384443.jpg
のち取引先と別れオカマと酒仙堂。バーの由美かおる姐から誕生祝いにワインを頂く。一方、月島カレー御殿氏には先日の樽酒泥酔のお詫びがてら、宿毛直送のちりめんを差し入れて陳謝。いつものメンバー、気づけば看板、今月10本の忘年会ツアーも無事に終了。
[PR]
by t-jack2121 | 2010-12-22 09:37 | 外で呑む。 | Comments(0)
b0166747_1131349.jpg
樽酒をシコタマ呑んだあとバーに行くという前日深夜の暴挙の結果、銀座バーテンダー氏が脱水症状で苦しんでいると判明したのは翌夕。サービス精神旺盛ゆえアルコールが入ると壊れやすいのは私も同様、年長組なんだから自制せよと相棒氏からキツイお達しも。


そんな焼け石に水の月曜、デザイナー女子との忘年会をテルミニで開催。♀3に♂1ゆえ終始形勢は不利、アラフォー女子らの食欲と体力と会話力は凄まじい。その重心の低い戦車のような安定感で4時間強、ボトル4本を空けガッツリ喰う肉食系女子は美しい。
b0166747_1132034.jpg
冬らしい一品、カキと白子のペンネグラタンは秀逸。ホワイトソース系は女子好みらしく一気に完食。のちポルチーニのリゾット、アラビアータのスパを次々と完食。チーズ少々でワインを空けてドルチェと珈琲まで、これで一人七千円ほど。コスパも上上です。


女子のうち一人はお母さん。昼間は旦那の会社を手伝い、子供関係の行事をこなし、深夜早朝にグラフィックをやる。なんて話でワシもすっかり女子会ネタに付き合ったりして、どっちが男子で女子なんだか分からんの。ま、元々フツーの女子は回りにおらんし?
[PR]
by t-jack2121 | 2010-12-21 10:30 | 外で呑む。 | Comments(0)

20101219 剣菱樽詰

b0166747_13575932.jpg
日曜日、中央区でインド料理店三店舗を経営されている方の新築祝いに伺いました。当初よりその節には樽酒をと考えており、こちらにご手配いただきました。常温と燗、ヒレ酒と、オトナ十五名でさんざん呑みましたが、さすがに一斗は簡単に空かないですね〜。


樽詰めから五日目、まろやかな味わいは大好評。十日を過ぎると樽香がつきすぎると言われていたので、残りはペットボトルへ詰め替えシェア。口当りが良すぎて相当の過飲酒、宴後はバーの主に連れられ月島のバーへ赴くも早々に撃沈。弱々しい月曜の朝ッス。
[PR]
by t-jack2121 | 2010-12-20 09:57 | 他で呑む。 | Comments(2)
b0166747_1455392.jpg
酒を呑むなら同量以上の水を飲む。昨晩の店で隣り合わせた女性一人客が、これまた隣の男性一人客にそう力説しておりました。そうですよ、過飲酒気味の我々にとっては鉄則ですよ!と声をかけ参加していたら多分、いや絶対今日は死んでたよなぁ〜ってな木曜日。


この夜はさぬきうどん関係者との忘年会。弊社設立からの大恩人B氏、あのうどん店社長Yご夫妻、粉問屋のK氏と弊社の総勢6名でポンデュガール。掟破りの人数となってナベちゃんごめんね。でも、呑めんヤツがおっても結果6本空けたら上上でしょ、A生さん。
b0166747_1462964.jpg
このメンツは、昨年急逝された、あの麺通団の初代社長が晩年温めていたビジネスのブレイン。最大年齢差が二十四歳、とても大切かつ気楽な仲間たちと6時間近くも呑んで食べて語らって。師走らしい心地良くうねる店の空気感も相まって楽しんでもらえました。


この夜は近所の花屋さんと文房具屋さん、仕入先のワイン屋さん、ロシア行の新聞氏、そしてスタッフの皆さんにアレコレとちょっかい出してごめんねゴメンネ〜。年忘れですし許ちてちょんまげ。それと山ちゃん、思い出に残るイイ一枚が撮れたゼ。サンキュー♪
b0166747_14134769.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2010-12-17 10:11 | 外で呑む。 | Comments(0)
調べてみると、生まれてから壱万六千八百一日を迎えた水曜日。不惑後半の歳となりました。しかし心臓も肝臓もよく保ったなあ、弐万日も生きられるのかなあ、なんて考えてみたり。朝一番、母親に電話を入れて感謝の意。彼女は弐万七千日超も生きておりますが。


この日ヘアサロンで超短くカット、カルテ記載を知る店主から祝の言葉。のち店主の口伝で知ったロシア出張前の新聞氏、ほか飛行機嬢、家族、元家族からも祝メール。この一年は誇れるような実績は何もなかったけれど、素晴らしい仲間に恵まれ多謝な年でした。


夜、会社をあげての祝いの場所は自分で決めました。このところ身体を冷やす呑みが続いたので、陰陽五行思想に則り?身体によかろうもんを摂取しようと、よよぎあん。実際に訪問前までは身体が絶の不調だったのですが、店を出る頃には七割ほど復活しました。
b0166747_10121732.jpg
b0166747_10122933.jpg
b0166747_10124337.jpg
b0166747_1012546.jpg
半合弱のぐい呑みで三種、燗酒で三種、ワシにしては大人しい呑み。しかし、四時間かけてゆっくり呑み、肴は刺身の他はほぼ野菜中心。店は忘年会シーズンながら、この日だけはゆるやかな日だったらしくカウンターも静かで粋な常連さんばかり、まったり愉悦。


店主から祝にと自家製のカラスミ、赤とんぼのいずみ橋謹製の味噌の試食、さらには爆高の黒龍しずくの試飲。いや〜、やっぱ現物には敵わんの。まさぼん氏、お気遣いまっことありがとう。原点に戻って日本酒と向きあう時間をもっと増やそうと思った有り難き夜。
b0166747_10134155.jpg

b0166747_10135192.jpg
b0166747_10135862.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2010-12-16 10:14 | 外で呑む。 | Comments(2)
b0166747_117577.jpg
某中華屋でマーボー豆腐を注文し、ヨッシャ喰うぞーと手にした小皿。それをよくよく観察するとゲッ、こりゃ灰皿ぜよ。おーそうか、きっと、カニ蔵がテキーラを呑ませた灰皿もこんな感じで間違ったのかな〜とか。つかね、普通の灰皿を置いといて〜な水曜。


さて、相棒氏が撮影で不在のためワシが代わりに入稿準備。久しぶりにDICの色指定をフランスの伝統色で。これが苦手でね、昔はカラーチップを何枚も切って怒られたっけ。4色分解では作れない、光源のモニターでは表現しきれない、独特な紙の上の色の世界。
b0166747_1173310.jpg
無事に終わって晩ごはんをエクスプレスにて。ハムカツにかぶりついてワイン呑むなんてビストロじゃありえんでしょ。アジフライとかカキフライがあると、洋風三州屋っぽくてそれもいい。集団忘年会が活発なためか、小さな店内はちょっとだけ落ち着いた感。


適当なワインのリクエストに、来年の干支っぽいでしょとイタリアのボトルを出してくれたカトちゃん。ふたつ並ぶとかわいいね。お店は月曜デビューの道産子♂が登場し初々しい。またカウンターでは見知らぬ男女のグループ同士が合体し楽しそう。師走でんな。
b0166747_118477.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2010-12-15 09:06 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121