カテゴリ:ほんとに雑記。( 54 )

なんと今度は水です。乳幼児をもつ親は大変かと思いますが、オトナたちが慌ててどーすんの。今日の東急ハンズ、浄水器売り場は従業員を質問攻めにする人々で大混雑だったそう。悪いモノたくさん摂取してきたオトナはジタバタしないで、鈍感に生きましょうヨ。


マスコミによる過剰報道や、誤った認識の情報が巻き起こす風評や心理不安。私たちは溢れる情報をきちんと整理し理解することで、ふつうに生活することが大切です。特に食を預かる飲食店は、肝っ玉を据えて、お客さんに元気と安心を提供することに腐心すべき。



去る21日、福島市で行われた「放射線と私たちの健康との関係」という講演会(前半)質疑応答(後半)の文字起こしをここに紹介します。トイレットペーパー不足でブーブー言う私に実姉が教えてくれました。長崎大学で被爆者医療の権威と言われる方々の言葉。


特に後半の質疑応答は、実際に被災した方々のやや感情的な質問に対し懇切丁寧に応えることで、徐々に空気が変わってゆく様さえ感じられます。TVや新聞の解説では学べないことがたくさん詰まっているので、興味があればぜひ読んでみてくださいね。

[PR]
by t-jack2121 | 2011-03-24 17:50 | ほんとに雑記。 | Comments(0)

2011年3月23日 計画停呑

あと二個、事務所のトイレットペーパーの残数。買い占めか、ないです、どこにも。そろそろ、シャワートイレ後の自然乾燥か、ペーパーを乾かし再利用する御触れが出そうな予感が。そんな中、無くなったら貸すよ〜とお申し出くださった飲食店さん、あざーッス!


さて、連休中のテレビCMに、外食企業を三社ほど見かけました。クルマや家電をはじめ大手企業は同業を意識してか揃って自粛を続けていますが、外食はもう待ったなしの状況かと推察されます。獲り逃した売上を翌日に上乗せできぬサービス業は相当に深刻です。


取引先飲食店の状況も徐々に明らかに。震災後十日間の売上は通常の半分以下のところが多く、郊外では店を開けても人が来ない状態。また、暗い立地で小さな看板を点灯していたところ、通行客に消しなさいと怒られた店もあったとか。これでは開店休業状態です。


一方で、歓送迎会プランが壊滅的な中、某得意先で被災地支援コースを作る話が出ています。リーズナブルなコースを用意し、お客と店が折半で募金活動を行うという内容。通常販促で需要喚起することが困難なため、利用者の心理負担を軽減させることが狙いです。


ただ、これに追い打ちをかけるのが計画停電。通常営業できないし、アルバイトさんも仕事ができず大変。この状況は暫く続きますが、我々はふだん通りを心がけるしかありませんね。一日一度は買い物か外食をしましょう。水曜はここでランチしたぶん、夜は休肝。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-03-23 22:24 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
東京は、計画停電の実施により特に郊外に住む方々の暮らしや通勤に不具合が生じてはいるものの、全体への影響は軽微で普段の暮らしが営めています。一方コンビニやドラッグストアではカップ麺や飲料水が売り切れ、我先的な購買行動でヤレヤレな脱力感もあり。


月曜夕方の銀座。ビルボードのネオンは暗く正月の如く人もまばら。百貨店を始め商店は早々に営業を切り上げ街がしぼみゆく感じ。郊外でもスーパー、コンビニ、飲食店は停電により営業を一時休止。経済がシュリンクしてゆく様を実感せずにいられない現状です。


茨城で被災したクライアントへ連絡をすると全員無事の返事。飲食業として地域に貢献できることを精一杯やるとの決意も。義援金や東北産品の購買等で被災地への間接支援を行うことの他、我々は外食的な視点で、地元の経済循環を支えることも大切だと考えます。


そのために、まず外食すること。このような状況下で、お金をバトンのように回すという発想には成り難いかもしれませんが、自宅に食料を貯めこむより被災地へ優先的に回すべき、そして各家庭で調理するよりも飲食店にまとめて賄ってもらうべき、とも考えます。


世の中このように考える人ばかりでないことは承知ですが、経済的に許される限り馴染みの個人店に通い支えあってもらえたらと思います。なんて、そうは言っても計画停電よろしくグループ分けするほど馴染み店は多く。有言実行を目指し、長期戦略にて臨みます。

[PR]
by t-jack2121 | 2011-03-15 09:42 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
先日、新宿にある人気ラーメン店の風雲児でランチしました。行列ができる前に入店できたのでおいしく楽しくいただけたのですが、驚いたのは店の空気感。店主自ら厨房のセンターに立ち、お客さん一人ひとりに対し丁寧に静かに対応されていたのが印象的でした。


ラーメン店の挨拶は居酒屋よろしく、ぃらっしゃッセェ〜って感じが多いのですが、ここは違った。スタッフ間のやりとりにも無駄な私語はなく、見られていることを意識した振る舞いで挨拶するのです。厨房を舞台に見立てて、おもてなしの心を持って一杯を供す。


繁盛店は旨いだけじゃないよ。呑むたびそんな会話もするけど、実際に体験すると上には上がいるなあと感心しました。一杯数百円にそこまで徹底するか、という厳しささえ覚える緊張感。しかもスープは無化調、店主自ら湯切りした麺を整えて完成する究極の一杯。


シンプルな営業スタイルゆえ、突き抜け感が殊の外目立ちます。何日経っても話題にしたくなる記憶に刺さる店。なんて、何を呑んだか忘れることも多いクセにね。そんな火曜は休肝日、目指せ週一回と言いつつ今年まだ五日め。深夜ウオーキングで埋め合わせよう。

[PR]
by t-jack2121 | 2011-03-09 00:01 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
富士山の日だったんですね、223の語呂合わせで。日経に出ていた静岡県の全面広告で知りましたが、掲載料が相当安くなったにせよ、やるねシゾ〜カ。ウチも来年開通予定の新東名に絡む仕事が来ましたが、残念ながら現地に赴く機会もなく、クルマもないし〜。


さて、春の歓送迎会シーズンに向けた仕事が大詰め。終わるとすぐ初夏に向けた対策も開始。個人店は主が全てを指揮せねばなりませんが、企業は現場とは別に企画部隊を持つ。でも怖いのは、現場感覚と見えない意識のズレ。我々も同じ空気を吸っておかなくちゃ。


久しぶりの深夜ウオーキングから帰ると某取引先からメールあり。深夜まで大変な外食企業。とまれ、立場<売上<顧客を一所懸命に考える大切さ。少しでも楽しく質の高いサービスをと、受け皿に酒をこぼすが如く、日々をもうちょい頑張る姿勢に頭が下がります。

[PR]
by t-jack2121 | 2011-02-24 09:18 | ほんとに雑記。 | Comments(0)

三方良しの関係。

b0166747_1365412.jpg
正月に話題となったクーポン系サイト。即座に飛びついた大手や新興の外食企業の利用に一服感が見え始める一方、個人店でも、利用した飲食店からの契約解除や問題提起が増えています。特に先行大手のグルーポン、大量採用による過度の営業攻勢の反動なのかも。


一度体験した私も、そのシステム(法外な手数料と制限枚数)と質(媒体側の提案力)に疑問を感じてはいました。何と比較してなのかはさておき、有効な販促手段として選んだ飲食店側の責任もあろうが、媒体側の力不足により店が被る負の部分も大きいと思うのです。


もともと危惧していたように、バーゲンハンター的客が大半で、当日の追加ドリンクもなく実感リピーターもゼロの店が圧倒的だとか。また、店舗が求める客とクーポン利用とのミスマッチな面が否めないケースも多い。昨秋、私が利用した時も同様な感想でした。


飲食店の平均的固定費は、人件費を除き、家賃と食材だけで四割超にも達します。業界最大手グルーポンの手数料は五割らしく、これでは店の利益が出ません。そう申し出ると、手数料を下げる代わりにコース価格を高めに設定しましょう、と提案される始末だとか。


これに対し、媒体の責任領域を明確にし、厳しい掲載審査とグループ全体による与信管理が奏功しているのがポンパレを運営するリクルート。先月まで手数料が無料でしたが、現在でも十五%程度、今後も業界ごと損益分岐に見合う手数料を模索し設定するそうです。


ホットペッパーの隆盛と衰退、WEBへの転換を経てきた老舗には、欧米系や新興勢力にはない、三方良しの考えが少しはあるのかも。クライアントのための売買規模や価格に頼らぬ企画提案や利用者への魅力的な新価値の提供といった、他社とは一線を画す想いが。


いずれにせよクーポンによる集客は一時的なカンフル剤にしかすぎず、お店が抱える問題の根本的解決には至らぬことを飲食店側も理解しておくべきでしょう。持つべきは、真っ当な魂を持つ業者を選ぶための目と、信頼できるアドバイスをくれる仲間、でしょうか。

[参考サイト]
ガジェット通信 日経新聞WEB刊
[PR]
by t-jack2121 | 2011-02-21 09:57 | ほんとに雑記。 | Comments(2)
水曜、実家の母から電話。一方的に、今日は亡き父の誕生日だから、と伝えて切ったその間約八秒。もう十六年も昔だというのに、何だか突然な母。実姉にそのことをメールしたら、ソレより金正日と同じ日だったことに笑えた、と返信アリ。当家はみな、B型です。


で、本日入稿する案件のため今週の晩ごはんはずっとオフィス。酒代はともかく肴にかける費用は単純計算しても一日千円未満、これじゃ外呑みに行かん人も増えるわなと納得。仕事は二〇時の入稿完了も翌朝九時には色校正出しというスピード感、凄い時代です。


さて、日経夕刊で回転すしチェーン「くら寿司」のすしが、全店全品サビ抜きだと初めて知りました。家族連れが多いため08年から始めたそうで、ワサビは各卓にある容器から自分でつけます。サビ抜きの苦情は一件もなく、むしろそれが常識になりつつあるそう。


また、味付けの変化という意味では、この二〇年間で和の調味料の購入量が激減しているとも。醤油五割減、味噌四割減、鰹節系三割減という一方で、インパクトの強い洋モノやラー油系のスパイシーなものが増えており、ダシが和食の基本の常識が遠ざかる一方…。


以前、静岡の師匠が米国人のAquired Taste(経験を重ね備わる味覚や嗜好)について書かれていましたが、繊細さを理解する舌を持つ西洋人が増える一方、鈍感なベロになる日本人が増えつつある。食の楽しみが増えるのは良いことだが、ダシの基本くらい学びたい。


清酒が苦手な人にオコチャマ味覚が多い気がするのはこれらの背景もあるのかな。おいしさ表現も「サクサクもちもち」など擬音表現が主流で、「馥郁たる、甘露な」的表現は喜ばれないし。いつの世も大人になればオトナの店が恋しくなるものね〜って、駄文失礼。

b0166747_10274042.jpg
土佐の清水鯖の煮干。ダシをとった後、軽く煎って七味マヨでいただくと美味。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-02-17 09:21 | ほんとに雑記。 | Comments(0)

2011年2月9日 休肝日

火曜、前職の後輩と一杯。ひと回り年下の彼女は寿退社だが、今さら先に退社した元上司が抱く仕事観をイロイロ訊いてきた。仕事とは、壱・生活の糧のため、弐・自己実現のため、参・社会貢献のため、なんて話を近い将来主婦になる女子に話す自分がとても滑稽。


前の会社では、最盛期に二十超もあった飲食店事業は全て清算することを選択したそう。二毛作店のハシリを開発し多店舗化への挑戦と挫折を繰り返すこと二十年、ホンモノにも必要とされる存在にもどちらにもなれなかったし、現社長は店舗経営に興味なかったし。



水曜、丸の内某店で打合せ。ニュースレターの制作にあたり、何を載せるかの話の前に何を伝えていくべきなのかを話す。三十代から六十代の男女数人のMTG、責任の所在を本部から店舗に移譲したことで、今までに無かった一体感が生まれてきそうで楽しみです。


夜、早速の構成案づくり。昨晩はワインがっつり、シャンパンにソーダ割と〆は泡まみれで体調イマイチなもんで、久しぶりに休肝日に。最近の賄いは昆布と煮干を使いダシをとりますが、煮出したあと汁物の具材として食すので、健やかでゴミも少なく満足度高し。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-02-09 23:59 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
先々月、鹿児島の某社フランチャイジーの婚礼ツールをつくりました。レストランウエディングのプラン別メニューカード。で、それをクリスマスの三日間に訪れるカップルに配布しようと目標をたてて、本部の都合をヨソに突貫制作で当日に間に合わせました。


すると、期間中に利用したお客さんから二組の受注があったそう。婚礼売上はレストランにはデカイ!「無理して間に合わせたおかげ」と相棒氏に報告を兼ねてお礼の電話を頂戴しました。県内はおろか全国的に停滞気味な業界にあって、突出した成果をあげる同社。


想いをひとつにすることで予想以上の成果がもたらされるコトはよくある。皆の努力の賜物とご評価いただき嬉しいけれど、それは担当者の熱い想いがあってこそ。チームパワーを最大限引き出すのは、やはりリーダーなのです。と、そんな嬉しいコトがあった木曜。


いいっスよ、適当で。という仕事も多い。でもワシらがやる以上、適当という言葉はナシよ、と頑張る。一方、喜んでいただけるお顔が見たいからと素直に言える人なら、極限まで頑張る。瞬間芸の二件、数百万円の受注ですもん、それだけでモトとっちゃったッス。


良い気分で晩ゴハン。萬福でレタスザーサイ炒飯をいただくも油量が多いし、千円超にしちゃ見栄え悪いぞ〜。店主もお客の表情を気にもとめず何だかな。ホールのチャイナ女子の接客は悪くないが、撮影もナシ、オススメ度もイマイチ。今日は旧正月だっつーのに。

[PR]
by t-jack2121 | 2011-02-04 09:25 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
b0166747_1815444.jpg
で、前日の続き。日本酒兼ネルの看板が気になったので撮りました。ウチはこんな店なんでヨロシク、というメッセージ。当店の性質や想いをご理解いただいた上で入ってね、というスタイルが強い個人店で増えています。つか、確か身近な店にもあったような気が。


b0166747_18163628.jpg
そ、あった、銀座テルミニ。オーナー氏がいた頃は「ハゲたおっさんとヤセたおっさんがやってるマズイ店」的な行が爆笑モノでした。で、新宿の店主に訊いたら、やっぱ参考にしたそうですよ。そういや料理の専門誌にも出てたしね、影響力ありまんな〜A生さん。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-02-03 18:16 | ほんとに雑記。 | Comments(2)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121