カテゴリ:ほんとに雑記。( 54 )

日曜と月曜、これで月四日目標の帳尻合わせ。先週の過飲酒を猛省し、今週さらなる美酒を味わうため。晩ごはんは解凍カレーで米一合完食。ちなみに米一合で約五五〇kcalらしい。のちウオーキング六〇分で約三〇〇kcalを消費。休肝するとつまらん計算をします。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-05-31 09:51 | ほんとに雑記。 | Comments(2)

2011年5月17日 休肝日

昨夜の晩ごはん、木挽町通りマガジンハウス向かいの中国料理華宴に初訪問。前菜未満の格安つまみが豊富らしく、そこから三品、前菜一品を注文し、瓶麦酒二本と紹興酒二合。酸辣湯で〆て、二人で四五百円ほど。安っ。懐に優しく、野菜多いし、だるま亭危うし。


火曜の午後、納品の途中、首都高上の公園で炊き出しを見る。すぐ先で、銀座でよく知られた浮浪者のおじさんに遭遇。彼は向かわないのか、炊き出しに。納品先は仕込みの時、短い会話ながらランチはまずまずの様子。帰社後、暫くして大雨。今夜は休肝と決めた。


二月三月は順調も、四月は一日のみ、五月も今日が初。手帳をめくると、暇な時に休肝して、繁忙時に呑む傾向みたい。今日、怒涛のオープン&一万字の案件が落着。呑む気にならぬは疲れよりも運動不足への罪悪感。てなことで、歩くぞ今夜は。雨上がりの夜空に。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-05-17 22:00 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
水曜は築地のサンライズな新聞屋の兄ちゃんと呑む約束が、雲行き怪しき会議の結果キャンセル。和酒でゆっくりの予定が、だるま亭でソース焼きそばになった。前日夜に届いたメールで決めたとはいえ、約束を反故にして御免。そんな彼はGWの最中に東北方面へ。


連休前の木曜も業務終了が二三時。月末だし、ちょっとだけ贅沢しようとすしざんまい奥の院。カウンターで呑んでつまんで小一時間、ひとり三千円前半は優秀。店内は零時を過ぎても結構な賑わい。ほんの数年前はいつもこんな空気だったなあと、懐かしいきぶん。


事務所マンションで自転車が消失。すわと捜索したら、敷地内の別の駐輪場で発見。どちらも鍵がないと入れない場所。盗まれかけたのか、放置車を見つけ誰かが入れてくれたのか。もしやのカンが働いて見つかったのも不思議だが、放置忘れだとしたらソレが最悪。


休みは暦どおりでも、五月開店の店が3つ控えているので時々仕事。楽しい仲間となら休まなくて良いんだけど。でも、思い切り運動したいし、観たい映画、読みたい本、聴きたい音楽、会いたい友、そのどれかひとつでも叶えばいいな。と考える連休初日もシゴト。



[PR]
by t-jack2121 | 2011-04-29 11:50 | ほんとに雑記。 | Comments(4)

2011年4月20日 穀 雨

薬膳志向の中国料理店の得意先で、もっと日本人に身近に感じられるようにと二十四節季に合わせたアクションを考えたことがあります。節季は二週間に一度のペースで訪れるから、開発や企画が大変という理由で流れたが、そんな大げさなモノじゃないんだけどね。


で、節季をさらに三つの期間に分けると七十二候。そろそろ霜止出苗=しもやんでなえいずる時期、だそうね。事務所と高知の母用に取り寄せている米を作る宮城県登米市の農家さんでは穀雨のこの日、種まきが終わったそう。例年以上に思い入れ深い米だろうなあ。


さて、高知の母から夜に電話。米が無くなったの?と訊くと開口一番、あんた、会社は大丈夫かと。逆に心配されて面目ない。米と言えば昨年秋、静岡県主催のお米日本一コンテストで高知米が最優秀賞を受賞。復興支援、ふるさと支援、銀座活性支援、頑張らんと。



ちなみに下は同じ土佐の四万十の米。2004年度グッドデザイン賞を受賞しました。


b0166747_11183721.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-04-21 10:19 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
ボクもちゃんとしなくてどうすんの、という気にさせられたサイトがこちら。改めて写真とコピーのチカラに感服。何十人ものタレントがバトンで歌うあの某CMより、やられてたまるか、前よりいい町にしてやる、のコトバの方が心を強く揺さぶられた週明け早々。


一枚の写真と一本のコピー。オーソドックスな手法ではあるが、既存手法からの脱却を促し、コトを生むモノ創りの素晴らしさを教えてもらった思いです。クライアントも、制作者側も、喰うためだけを優先せずに、そのタマシイの真っ当さをぶらさずに持ち続ける。


さて、土曜日はリヨンブルーA社長ご結婚の二次会に出席。多くの業界人と友人知人、そして常連客に祝福された素晴らしい夜でした。社長と客同士が繋がりを深め支えあう理想のレストラン像。何というか、ボクらも一所懸命の視点を変えて仕事を省みなきゃなと。


店も企業も、夫婦も家族も、相手がいればこそ。こうすれば喜んでくれるかな、その考えは楽しそうだなと、相手を思う気持ちを仲間と共有する喜び。ステークホルダーなる言葉が流行ったが、要するに、自分や会社を支えてくれる人の全てが仲間であるという認識。


小さなユニットで働くと、仲間の多いユニットを羨ましく思うことも少なからず。自己主張するタイプではないが、お節介が取り柄の性格が炸裂するくらいで良いのかな。そんな思いが巡る週末、15リットルの特大ボトルの泡を振舞われながら自己内復興を期する。
b0166747_0154020.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-04-18 10:14 | ほんとに雑記。 | Comments(4)

2011年4月8日 Rise Again,Japan!

昨夜の大きな揺れによる被害は大きかったようです。地震にも周波数があり、木造家に吸収される波形もあればコンクリートを壊す波形もあるのだとか。地震発生から四週間、知らぬことがまだまだたくさん。ケミカルな単位も覚えるなど化学の知識も向上したなあ。


さて、無計画停電も休止し飲食店も通常営業に戻れそう。義援金目的のコースを提供する店も多いけど、ソロソロ普通の営業にすべきかと。結局は売らんがためだなんてしょっぱい。仕入れと消費で被災地支援するダイナミックな流れを外食全体で作りだすべきです。


とはいえ、企業系飲食店はお客の官能評価に影響する事象を最も嫌います。アルバイトレベルに合わせたオペレーションが標準のため、対応への苦慮が予想される食材は一切排除するのが彼らの常道。大手スーパーも同じですね。生き残るためとはいえ、少々切ない。


こうなりゃ、やっぱ個人店。被災地の食材を使った料理を毎日二〇皿を×二五日稼働し×千店で行うと=五〇万皿。原価百円としても五千万円の経済効果が生まれます。既に行っている店も多く、それをセールストークにせず普通にコツコツと。頭が下がる思いです。


ところで、電通を退社されたさとなおさんのブログで紹介されたビデオを観て感動したのでここに紹介します。揺れの体験さえない米国で隣人を思うがごとく自然になされる寄附行為。ジンときて、思いを新たにす。さあ週末、外食をしよう。ワシも今夜は裏銀座へ♪



[PR]
by t-jack2121 | 2011-04-08 18:50 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
昨日の宣言どおり少し長めのランチタイム@浜離宮。曇りがちだった空も昼過ぎには晴れて気温も暖か。事務所から徒歩数分、入場料が三百円かかるが毎年恒例です。銀座、築地や汐留辺りに勤務する会社員も多くいらっしゃるが、ほとんどはリタイアされたご夫婦。

b0166747_22274457.jpg
夜桜見は呑むことが目的になるので、花見は昼に限ります。そして春の訪れを五感で味わうその手には、アレが必須です。焼肉屋で寿司屋でお好み焼き屋で、ソレがないと来た意味がないというほど欠かせないアレ。でも昼だし、コレ取引先も見てるし、画はナシで。
b0166747_2228224.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-04-08 00:00 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
てなことで木曜のランチタイムは花見に決定。天気も良さそうだし、麦酒付きでどうスかね、ゆえ外回りは控えようかな。などと決めた途端にシゴトが一気に始動しました。凍結された案件も解凍され、少し溶けて小さくなったが見事復活。チームの皆にも吉報かな。


夜メシは近所のなか卯で豚カルビとんこつうどん。ラーメンスープ風、削り節をかけていただくスタイルだがワシ的には久々のダメだし。あと外国人従業員、注文は間違うわ私語は多いは声の周波数がキツイわで食欲も減退。帰国しない人は図太いんかなあの印象ス。

b0166747_2312473.jpg

実際はミニうどんとミニ親子丼。炭水化物が過多、休肝したからウオーキング行くで。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-04-07 00:01 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
いまこそ外食を応援しましょう。自粛を自粛しよう。そんな声をネット上のあちこちで毎日のように見かけます。この四週間近くの間、私たちは様々なことを感じたり学ぶことでふだんどおり生きることが大切だと実感するようになりました。そう、エライこっちゃ。


今やるべきことをやる、今のうちにできることをやっておくって、十分わかってます。でも、どんなに努力してもこれだけシュリンクが過ぎると、どうにもならないことも事実。この春、企業のセールスメールが増える一方で、ブログ更新のない個人店も増えている。


まさかの時の友が真の友。友を「お客」に置き換えると今の店の心情が見えてくる、とは日経レストラン。愛を携え外食に行くから、店も愛でお客に応えてね。そんな心の交歓はいつの世も不変なコト。店のレーゾンデートル、今こそ目の前のお客のため渾身の力で。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-04-06 00:00 | ほんとに雑記。 | Comments(0)
木曜、銀座の居抜き物件に出店する取引先と打合せ。彼らが聞いた業界筋によると、震災の影響から経営を維持できない店が相当数出るだろうとの予想がある。深夜の二回転目需要は減少し、夜営業だけでは維持できずランチ営業に踏み切る店も増えてきた昨今です。


そのためか、夜営業の開始を十四時に早めたり、夜ランチと称した定食セットを用意したりする店も出てきました。中央区内をウオーキングしていると零時前でも賑わいが見える店は街の定食屋や中華屋ばかり、安上がりなごはん呑みを選択する人が増えている様子。


でも、こんな時に選ばれる店は関係が確かで優先順位の高い店だと思います。支えてあげるどころか、支えてもらわなければ生き残れない。そんな心の悲痛な叫びは誰しもあるはずです。まずは目の前のお客様にできることを精一杯、それを互いに交換できたらなあ。


年度末、瞬間気分で棚卸し。どこも予算緊縮、焦らず高質な提案を心がけたいです。また喫緊の課題だったトイレットペーパー問題は解消、社内食は減塩化を推進中で、外食投資は選択と集中を図ります。てなことで本日、今月五度の休肝日を達成。過去最多を記録。

[PR]
by t-jack2121 | 2011-04-01 09:12 | ほんとに雑記。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121