20140502 八丁堀、鍛冶橋通り。

b0166747_12214293.jpg
先日、アメリカのロックバンドTOTOの武道館公演に行って来ました。スマホなら撮影OKという気前の良さと、オールドファン感涙モノのセットリスト、過去6度観た中でも最高でした。ライブといえば、数週間前にみた八神純子&後藤次利のライブも佳かった。クォリティを単純に比較することはできないけれど、円熟した演奏力の高さと独特のオトナ空気感は共通していました。いやー、たまには頑張った自分へのご褒美♪女子力アップしますわ。

 

ロックを聴く側から演る側になったのは高校時代。高3の時に高知市内のディスコを昼間だけ借りて他校も含め5バンドくらいのライブをやりましたが、チケットが良く売れたおかげで結構な黒字となり、打ち上げを居酒屋でやったっけ。高校生にも酒を出してくれた昭和の佳き時代。当時ヴォーカルを担当した女子が今、東京で兼業女優をしており、50歳を機に新たに結成するとかしないとか企てています。久しぶりにやるか、カルメン・マキ&OZ。うーん、ないな。

b0166747_12215331.jpg

連休谷間、ヒマだろうと伺った八丁堀「無愛想」。22時半、店主はカウンターでケータイメール中。勝手に瓶ビールを取り出し適当にアテを頼む。サラダに使った珍しいトマト、ブラック&ゼブラは珍しいね。佐賀の酒は初対面「古伊万里 前(さき)」。岡山産雄町100%の純吟無濾過生原酒。フルーティな香味ながら生原酒らしい厚めのボディ。零時にならんとするところで次に呼ばれてしまい、焼きちゃんぽんを残してしまってゴメンナサイ。

b0166747_12215659.jpg

二軒目は鍛冶橋通りを新川に向かう途中にある「VOCE」、八丁堀の超路地裏に5店舗目となる物件を押さえた双子の兄弟がシゴトを終えて集まり、呑みなんだけど真面目な深夜MTG。今さら20歳近く年の離れたオッサンの話なんて役に立つのかなーと思うも、お誘いいただけるウチが華よと老婆心ながらの話を少し。焼肉のふたごとか、双子や兄弟が経営する企業は珍しくないけれど、彼らは派手な広報的仕掛けをせず地道にコツコツとファンを増やす商い方。そこには共感します、店では値は張るけど。

 

バンドもそうだなあ。演奏力だけじゃなく、全体のサウンドチェックや脚色演出、協賛や広告を得るための営業活動、そしてチケット販売。1本の公演に半年をかけたもんなあ。今シゴトでやっている基礎は学生時代に学んだことの延長かも。儲けの算段から始めず、価値と感動の提供と共有に思いを馳せる。そんな純度の有無って、持って生まれた感性か育ちの良さか。自分にない優れたものを認めあえるから、バンドもお店も会社も上手くいくんだなあと、若い世代から勉強させてもらっています。てか。

b0166747_12214626.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2014-05-03 12:27 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121