20140416 解菌解禁

先月は新規オープン数店に加え、消費税率の引き上げに伴う各社への対応でハンパなく忙しい日々を過ごしました。同時期、同じように多忙だった方は多かったことと存じます。今まで「どうにもならなかったことなどない」と嘯いていたのに、「ホントにどうにもならないかも()」と思ったのは、27才で転職した1年目以来のことで、でも、どうにかなったのは、理解のある取引先と協力企業と制作スタッフのみなさんのおかげと、生き延びた今だからこそ回想できるわけでございます。

 

で、4月になり。やっと、ゆっくり食事が楽しめるぞーと思った矢先、こんどは左肘に菌が侵入して腕がパンパンに腫れ上がり、1週間禁酒(時に節酒)のお沙汰がくだりました。タマリに溜まったストレスを少しは発散できたのが去る13日、バー酒仙堂が主催するBBQの場でした。しかし、昨年の悪態の罰として「焼方」を任じられ、ハマグリほたて甘鯛などなど、皆さんが食らうのを横目に黙々と焼き続けるワタクシ。長時間立ったまま、炭火と日光に焼かれるまま、気遣う参加者から酒を注がれるまま、気づけば日も暮れた夜中に「すき家」でカレーを食べていたという始末でしたが、まだ心なしか、肘の痛みが残っているようです。

 

久しぶりに訪れた「無愛想」。時間も時間だったので店主は例のごとく自分へのふるまい酒で顔が赤く、常連さんがコッチへこいとお誘いになるユルイ空気感。それを適当にやり過ごし、冷たい酒を一杯を所望すると宮城の「山和」が登場。別の店でじっくり味わってみないと真っ当な評価はできないけれど、ほんのり華やかで軽快な味わいの食中酒といった印象でした。ま、来る度に違う酒が呑めるのは有難いのですが、焼きちゃんぽんの麺が焼き過ぎだったので教育的指導。相変わらずだなあ、とっつあん。

b0166747_20502508.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2014-04-17 20:55 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121