20120929 銀座テルミニが2号店

怒涛の9月が間もなく終わる月末。頼んだ見積りが高すぎたので断った相棒氏に業者から電話がありました。彼は、価格ではなくウチにしかできない仕事で貢献しますからと、半ば上目線で言ったきたそうな。それが悲劇のはじまり、相手が悪かった。久しぶりに見ました、全盛期さながらの切れ味スルドイ返し技。そんな相棒氏の返答に討死したのか、無言の間が漂う深夜の弊社。うーん。とってもホラーチック。


取引先への提案は、見方を変えればとても僭越なこと。知人の会社では、飲食現場の経験がないコンサルが、経営幹部に対し業態のあり方から味付け、販促に至るまでの全てを指導しているそうです。たぶん得意分野はマーケティング。「お客様目線で」「女性が喜ぶ」「ヘルシー」なんて話から入るとベテランシェフたちはタジタジになっちゃいますよね。でも、こんなことを何年も続けていて良いのか、他人の手に自分たちの会社の将来を委ねていて良いのか、と思わないのか。他人事ながら悶々。


優秀なコンサルは、自分がいなくても良くなる状態を早く作れる人だと思います。高額で雇われる自分の経費を意識し、質とCPの高い仕事ができる人。そう、日経レストランの「マサ」みたいな。ボクも独立したての頃は企業の会議に毎週参加し、パワポを使った資料を手にMTGしていましたが、今はほとんどありません。机上での意思疎通や確認作業は大事ですが、キホン問題課題は現場にあります。預かる人のやり方に任せ見えなくなっていることもあります。そこに鋭く楔を打ち込めるか否か。長い時間をかけて失敗ばかり重ねてくると、理屈でなくモノに頼らず、実践が全てではないかと思う今日この頃です。


金曜の晩メシはほぼ24時近く。ヤリイカとドライトマトのパスタ、それに白ワイン。この時間を一人で仕切る女性シェフH嬢のパスタはとてもおいしい。なぜだ?と訊くと、私の愛を込めてます、だって。そーかそーか。深夜に良質なごはんが食べられる店は希少なので、この二日は2Fと1Fを連チャンしちまった。木曜夜はプレゼン前の景気づけでカッと呑み、金曜は反省会でしっとり呑む。やりきった開放感と空腹を満たすには深夜の静かな雰囲気が好み。銀座テルミニ、店主は2FのGiginoに転勤、どちらも深夜がオススメです。

b0166747_13462047.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2012-09-29 13:47 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121