20120616 銀座「22」。

数年前、小さな居酒屋から改装の相談を受けて、壁一面を黒板にしたことがあります。本日のおすすめメニューのほか、魚介や野菜の産地や生産者を紹介したり、お客さんに楽しんでもらう雰囲気づくりを目的に。でも、毎日の作業となると結構大変で、オーナーさんが五十代だったこともあり、やがて内装の一部と化してしまいました。提案する相手のことも考えなきゃなと反省。。。

ビストロや居酒屋でも、手元のグランドメニュー以外に黒板を使用するお店は多く見られます。いや、黒板でなくても手書きの紙でもなんでもいい。要するに、来てもらった以上これを食べて呑んで楽しんでってもらうための武器。今日の品々を売り切るため、お客さんとスタッフを繋ぐためのコンタクトツールという認識で使いこなす。

だけど、馴染みになりたい店で内容が変わっていないとちょっとがっかり。「今日絶対食べていってもらいたい料理は?」と訊いて「う〜ん、あんまり代わり映えしないっすね〜」という答えだとテンションは下がる一方。そういうのって、厨房が力を持っている店にありがち。だからホールも頑張って攻めろって。いや、お客でなくってシェフを。


さて、銀座並木通りの「22」は、東銀座のビストロ「アンテリブル」の姉妹店。20席程度の小さな店だが、連日満席のようです。東銀座界隈の客層とは微妙に違ったスカし感のある客が多かったけど、居心地は本店よりも上。ただ、オープンキッチンだとコールドテーブルの上が丸見えなんだから、見られ方を意識してほしいかな。

イマドキのビストロやワインバーは、ツマミにもなる食べ応え十分のサラダが多いですね。深夜だと二人で二品をシェアして十分な量感。この店はガッツリなみなみスタイルではなく、強い印象が残る料理でもないが、そういうのを卒業しかかった人がゆっくり静かに楽しむに向く店かなあという印象でした。ボトルワインは¥2500〜。

銀座「22(トゥ・トゥ)」
b0166747_17302215.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2012-06-16 10:28 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121