20120525 深夜の秘めゴト

シゴト柄か、年配だからか。飲食店さんからイロイロ相談を受けることが増えました。半分は取引先、半分は友だち。でもね、まったくシゴトになんない(笑)。オーナーの構想や目標、従業員の独立問題や働き方、そして生い立ちや商いの原点に至るまで、何やかやと深夜に積もる話をしています。一度も飲食店経営をしたことがないボクが偉そうに相談にのるなんて、外食コンサル業の人から怒られちゃうかも。でも、銭を受け取らないから正直に言えるんだろうなあ。逆にこれを商売にしたら、本気で責任をとれるのか?って、苦しくてやっていられないかもしれない。だから、呑みながらでも相談してくれる取引先や友だちと一緒に、経営の疑似体験をしようといつも思っています。外食経験を積むうちに、店の月商がだいたい読めるようになるでしょう。それと同様で、店主に接するうちに店が取り組むべき方向や解決すべき問題が見えてくるようになる。力がつくという意味でも、相談されるのはとてもありがたいことです。


外食企業の販促改善に関わった当初、飲食業経験がないことにコンプレックスがありました。ド素人に言われたくない、そう思う客は多いだろうなって。そんな不安を抱えていることを取引先に相談したら、むしろ経験者だったら雇わないよと言ってくれました。その真意は「お客の目線で核心を突け、店の都合の一切を廃せ」。あれから8年。トシは取りましたが、やっと気楽に取引先に寄り添えるようになったかも。繁盛店にはそれなりの理由があるが、行くと驚くほどシンプルで拍子抜けすることも。でも、その街に暮らし働く人にしかわからない、店と客との間合いが見えた時、膝を打つわけですね。その時は販促物をつくる頭ではなく、店の中でうねる空気感をつくる頭になる。だから、販促物をつくれば解決するわけではないので、状態の再確認をしましょうと進言しています。ま、シゴトは確実に減っちゃいますが〜。
b0166747_12275422.jpg
木曜はポンデュガール。火曜だったか、テルミニのスタッフMTGに参加して社長に置き去りにされたお詫びにと、社長夫人が泡をゴチしてくれました。嬉しいフォロー。楽コーポレーション宇野社長とベイシックス岩澤社長のセミナーにご夫婦で出席されたらしく、そのお話もチラと伺いました。行きたかったなあ、宇野氏の本は何度も読み返したし。ボクらが酒の味を覚えた頃に比べ、今の飲食店は企業経営が圧倒的で、業界がビジネスの匂いで満ち満ちています。宇野氏が活躍した時代は、ファンキーな親父や割烹着の女将が平気で客を説教してくれた時代。年とって親近感を覚える店には、過去に経験したのと同じニオイがあります。だから、感じたことのない時代の話を、知らぬ世代に語っても詮ないこと。だったら今風を感じに行こうって、それもね、自分のシゴトを愛していたら言われる前に行動するだろうし。そんな感じ。結局のところ、相談で語るのはお店に対する“愛”。しかも、夜中にオッサンふたり。キモイ?
[PR]
by t-jack2121 | 2012-05-25 12:26 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121