20120221 とんこつ、のち薬草。

b0166747_11173741.jpg
関西で29店舗を展開する「希望軒」というラーメン店が関東初出店。フランチャイズ展開も行う運営会社の幹部の方が旧知であり、レセプションに伺いました。新宿三丁目の末広亭近く、かつてTVドキュメント番組で観た麺屋があった場所で、右となりには桂花ラーメンがあります。既に、ラヲタブロガーとメディア向けに試食会を済ませており、22日オープンの前に詳細記事がネット上に出ています。


ご意見をと言われたが、この場合の比較級は大変難しい。そもそもラーメンほど好みが分かれるものもなく、FCモデルの収益性を新宿3丁目駅至近の立地を基準には語れないし。またスグ思い描くのは日高屋・幸楽苑・ちりめん亭・揚州商人と、事業モデル的にはそっち系であって、豚骨だから「じゃんがら」ですかとはならない。個人店がひしめく激戦の業界に、納得できる一杯を探すのは難しい。


隣の桂花みたく、“三度食べたらヤミツキ!”というキャッチコピーに相応しい強い商品力があれ別だが、あの店にしても経営不振に陥り味千ラーメンに吸収されたくらいでしょう。ラーメンといえば銀座の共楽、なんて言うと個人経営の土俵と一緒にするなと怒られますが、基本ひとはイロイロなコトを想いながら食すもの。とまれ、商品や空間、小技やスタッフ力など感じたアレコレはレポートを後送します。

★[希望軒]はこちら


のち、女性バーテンダーの店として知られるバー。カウンターが満席、椅子席に案内されハーブ香るおしぼりを手に暫し待つ。脂感払拭のためイタリアの薬草系を使ったソーダ割りなどを二杯呑む。チャームはなく二人四杯で四七百円。女性らしい配慮がうれしく、シガーにも力を入れている様子。常連客には女子も多く、仕事帰りや買い物ついでに一杯だけという使い方ができるゆるやかな空気感がステキなお店。

★[Bar Tiziano]はこちら
b0166747_11181232.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2012-02-22 09:16 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121