20120106 深夜肉食系@テルミニ

b0166747_1042956.jpg
昨晩、三原橋交差点際のプロントで麦酒を一杯。サントリー系のアイテム中心のドリンクやトレンドを押さえた料理、季節感を意識した訴求など企画販促の面から見れば他の企業に比べても優れているとは思うが、ビアパブのHUBほど記憶に残るアクの強さはない。


さらに、真冬に割りモノばかり訴求するなっつ〜の。スタッフが半袖Tシャツで動けるよう暖房が強めなのはエコに、冷たいドリンクは客の健康促進に反すると宣うボクは対象外だろうが。ホットなウヰスキーやワインをメニューに載せ温かな印象を醸せば良いのに。


のちテルミニから席が空いたコール。寒い夜は駅から1ブロック程度の距離にある店がありがたい。白ワイン一本にサラダ、鴨肉のポワレを注文。深夜に肉か〜と言うなかれ、不飽和脂肪酸を多く含むし、脂肪は14度で溶けるから体内にも残りません。えらいカモ。


ソースに使っている金柑、西日本生まれには馴染み深くて冬らしい。一本一皿に少しでも今日ここに来たことを実感できると嬉しい。小さな繁盛店に共通するユルやかにうねる空気感。なぜ人は集まりリピートしたがるのか。ボクらのシゴトはそこから始まるのです。
[PR]
by t-jack2121 | 2012-01-06 09:41 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121