2011年9月27日 神保町 魚百

b0166747_19404291.jpg
九段下での用を済ませ神保町。お座敷ビストロに行こうと電話するも満席、系列の味噌鉄板の店も満席。仕方ないので近所で賑わいをみせる魚介系居酒屋の魚百へ。神保町も裏へ入ればそれなりに若い企業や個人の店が頑張っている。やはり、狙い処は企業街の裏手。


しかし、夜の仕舞いが早く二三時閉店の店ばかり。同業が深夜に息抜きできる店も無いんじゃって若いスタッフに訊いたくらい。神田◯◯町というエリアは在住する人も少なく、この時間この街に帰ってくる人は稀少。こうなると平日の回転率はあがらないでしょう。
b0166747_19405668.jpg
さて、秋あがりは会津中将一本だけ。ほかレギュラー酒には珍しくもない本醸造と純米が十数種ならぶが、小グラス三五〇円からとお手頃。刺し盛り三種千二百円にポテサラと牡蠣の葱油掛けを頼み、酒三種呑み一人二六百円。のち初代継承哲麺にて塩とんこつで〆。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-09-28 09:39 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121