2011年8月 2日 慣れにご注意。

月曜は亡き祖父の誕生日。大正元年生まれだった彼は、選挙違反の達人として地元紙を大いに賑やかした人。小学校も行かず大阪へ丁稚奉公、フィリピンから引き揚げた後は製材業を皮切りに、フェリー会社やホテルを持つまでなった苦労人。だが、今は跡形も無く。


彼のピークは四〜五〇代。それに比べりゃ私なんぞ幼児並み。数十人分の給料を稼ぐ人にはもうなれないけど、誰かの幸せのために働く、その想いは同じであると思いたい。今月弊社8期目が始まるにあたり、故人を忍び、我が身を振り返りムチを打つのであります。


昨晩は近所にある文蔵に初訪問。冷凍と袋物だと確信させる味と価格、それでも客が入るは立地ゆえか。ベルを押さなきゃ来ぬ従業員は運ぶ下げるがシゴト、つかそりゃ作業だ。会計は一人二千円、ここで止められて良かったァの印象。久しぶりに美味くなかった店。


一昨日の深夜はPdG、男子スタッフのみで空気がユルい。久しぶりに、おざなり感があるヤツも。客を楽しませたい想いがおいしくさせるんだから、今の自分をこっち側に座って見てみる?ってね。どこもかしこもワシも、毎日のシゴトに慣れちゃいかんよナと反省。
b0166747_10123822.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-08-03 10:26 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121