2011年6月8日 壱岐焼酎@八丁堀 思案橋

b0166747_1163840.jpg

土佐の生まれなら酒が強いでしょう。初対面の方によく言われます。龍馬さん容堂さんをはじめ土佐出身の先輩方のおかげで悪い気はせんが。出身がどこでも都会にいるとそれが拠り所だったりもしますよね。土佐ですが何か?と、開き直れる強さも土佐にはあるし。


ところで、国税庁が認めた地理的表示、いわゆる産地指定された酒をご存知ですか。世界の酒で有名なのは、ワインはボルドーとシャブリとシャンパーニュ、ウイスキーはスコッチとバーボン、ブランデーだとコニャックとアルマニャック等が産地指定されています。


国内では焼酎が多く、壱岐焼酎、球磨焼酎、薩摩焼酎、琉球泡盛が指定。また、清酒では六年前に指定された白山清酒が唯一の存在。ただ、申請には原料や製造方法を表示しているため、どの蔵でも、というワケにはいかないそうで。以上、国税庁のサイトより引用。


夜、皿うどんモードになり八丁堀の思案橋別館。ボトル発注した壱岐を店主に訊いたことが上記を調べるきっかけに。つまみ五品、麦酒一本、清酒一杯、ボトル一本入れて六千円強。化調を使わない店主の思いがこもる健やかな皿うどん。良いアテにてチト呑み過ぎ。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-06-09 10:06 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121