2011年6月2日 イカの肝がまいうー@東銀座 遊食倶楽部

b0166747_10555635.jpg

雨の木曜は幕張メッセ。デザイナーを伴い取引先のブースを視察。日本初上陸の什器を導入したショップでは試食もできるとあって大変な盛況ぶり。業態ジャンルを絞り込んだという意味では間違いではないが、目的を考えるとFCショーへの出展が相応しいと思う。


その後は裏銀座。満席のワイン屋を横目にぷらぷら歩いていたらポンデュのなべちゃんに遭遇。ごはん処に困ってんのと相談すると、うまい魚の店ならココと教えてくださったのが遊食倶楽部。いつも時間的にタイミングが合わなかったので良い機会、即決、即入店。
b0166747_10561710.jpg

鰹の叩き、真鯵のなめろう、鱒のフライなど三人でガツガツ。小麦酒のち清酒七合。特に麦烏賊の肝炒めはアテに抜群で、残った汁がもったいなく半ライスを所望してマゼマゼ。昔ぎんまるでよく食べたイカゴロを思い出した。あ、ママの惣菜屋もちょうど一周年だ。


こちらの店、以前は行徳にあり、相棒氏が過去何度か伺ったことがある。そんな話を店主とできたのも偶然バッタリ遭遇したなべちゃんのおかげ。肉×ワインのつもりだったけれど、魚介に肉に野菜とアレコレ楽しめて正解。あと清酒がもう少し揃っていればグッド。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-06-03 09:55 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121