2011年4月20日 穀 雨

薬膳志向の中国料理店の得意先で、もっと日本人に身近に感じられるようにと二十四節季に合わせたアクションを考えたことがあります。節季は二週間に一度のペースで訪れるから、開発や企画が大変という理由で流れたが、そんな大げさなモノじゃないんだけどね。


で、節季をさらに三つの期間に分けると七十二候。そろそろ霜止出苗=しもやんでなえいずる時期、だそうね。事務所と高知の母用に取り寄せている米を作る宮城県登米市の農家さんでは穀雨のこの日、種まきが終わったそう。例年以上に思い入れ深い米だろうなあ。


さて、高知の母から夜に電話。米が無くなったの?と訊くと開口一番、あんた、会社は大丈夫かと。逆に心配されて面目ない。米と言えば昨年秋、静岡県主催のお米日本一コンテストで高知米が最優秀賞を受賞。復興支援、ふるさと支援、銀座活性支援、頑張らんと。



ちなみに下は同じ土佐の四万十の米。2004年度グッドデザイン賞を受賞しました。


b0166747_11183721.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2011-04-21 10:19 | ほんとに雑記。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121