2011年4月15日 すしざんまい奥の院で晩飯。

金曜日。某氏より、五〇歳を目前に転職を決めた清々しい電話をいただく。別の某氏からは、震災影響で棚上げしていた未払金が解決した旨の電話でひと安心。また別の某氏からは、週明け仕上げの件が急遽NGになった旨をメールで、取り急ぎご連絡でしたの一行。


電話とメール。情報が持つ温度や緊急性と、受け止める側の後味は、手段により大きく異なる気がします。相手に無駄をさせない思いを持ツーウェイコミュニケーションと、伝達だけが目的のワンウェイコミュニケーション。一本の電話って大きいなあと感じた一日。


深夜にすしざんまい奥の院、たぶん今年初。顔なじみの従業員も多く、久しぶりですねの言葉が恥ずかしい。馴染みの店は、間があくと逆に行きづらくなることが多い私。別に相手は何とも思っていないのに、心のどこかでスンマセ〜ンと思う妙な自分を自覚します。


店はちょうど春のキャンペーン最終日。対象品は結構安い。麦酒一本、燗酒二合、貝類をつまみ寿司は八貫、タマゴで締めて三五百円。滞在時間五十分だから上上かな。ここは寿司屋というよりも居酒屋感覚。帰る頃にはかなり元気になれた、イロイロあった月半ば。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-04-16 11:50 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121