2011年3月24日 いしだや@銀座三丁目

バーの常連で呑み友の料理人氏が二三日、和食店をオープンしました。世の中が何とも言えない厳しい状況の中で予定通りの開店は立派。銀座三丁目、木挽町通り、鰻の登三松さんが入るビルの地下。いしだや。主の名そのままの屋号、弊社で書いて差し上げました。


カウンター八席、座敷六席のこぢんまりとした空間で、靴を脱いであがるスタイル。吉兆に始まり、赤坂、巣鴨で腕を磨いて独立した彼。料理人として、主として、何もかもが初めてのこと。まだ評する段階ではなく、ここでは店のご紹介のみ。がんばれ、いしだや。
b0166747_16362383.jpg
b0166747_16371979.jpg
b0166747_16372916.jpg
b0166747_16374440.jpg
b0166747_16375540.jpg
b0166747_1638919.jpg
b0166747_16381963.jpg

[PR]
Commented by のむのむ at 2011-03-30 13:49 x
ご無沙汰しております。
食べログのほうで、お昼ごはんでお店の雰囲気を・・・と書いてらっしゃったので、
先ほど、寄らせて頂きました。
丁度ランチ時で、混雑していた時間帯でしたが、丁寧で真摯な姿に応援したくなりました。
昨年夏から銀座を離れて、丸の内勤務になっておりまして、
これまでのように、昭和通りを気軽に超えることができないのですが、
また、お伺いしたいと思います。
Commented by t-jack2121 at 2011-03-30 14:33
>のむのむさん
お久しぶりです。わざわざこんな処へ、恐縮です〜。
そうですか、丸の内。銀座まで遠征、おつかれさまです。

そう、>丁寧で真摯な姿。店主はまだ三十代後半の若さ、
イロイロ指導のほど、よろしくお願いいたします。m(_ _)m
by t-jack2121 | 2011-03-25 16:35 | 外で呑む。 | Comments(2)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121