2011年3月16日 つくね、 祝4周年 ガール・ド・リヨン

某取引先とつくねで情報交換会。お連れの会社では十店舗以上も営業再開が叶わぬそう。比較的新しい商業施設でも手抜き工事かと思える類の崩壊があるほか、高層階の店舗では皿が千枚以上も割れたそう。また計画停電により通常営業が全くできない状態でもあり。


全店での改修と追加購入費に営業損失を加えると途方もない金額となり、郊外での飲食店経営のダメージは想像以上に大きい。当然、弊社にもその影響はあるが、ここが踏ん張りどきと支援策を考えたいと思います。そんな話で剣菱の樽酒を四合ずつ、呑みに呑んだ。


こちらの店も予約キャンセルが相次いだ。そんな中、十年来の顔なじみの地元消防団氏と遭遇。息子さんと呑みながら防災を説く彼、普段はレロレロセクハラオヤジなのにチト見直した。店のスタッフも、こういう時に来客いただく有り難さをしみじみ語ってくれた。


のち京橋。四周年を迎えたガール・ド・リヨン、ラストオーダーが終わった後だが祝にと一本空けた。お店は少しリニューアルされ、三席だけの小さなカウンターが備わった。この店ができる少し前にポンデュと出会って、今じゃ四店舗に。強い会社になられました。


こんな状況下で四周年を祝って良いものか悩んだそう。でも、やって良かったはず。お客の側にも繋がりたい想いがあるはずで、また店側も再確認することで学ぶことも多いと思います。何も生まれない自粛よりも、何かを生み出すための経済活動を応援したいです。


都心部は計画停電もなく恵まれているものの、原発問題が落ち着くまで持ちこたえられるか不安な店も多いはず。社員の給料も家賃も仕入れも、みんなお客さんから頂くお代で成り立っているわけですから、過度の自粛生活は止めて普段どおりの生活を営みましょう。


あと、首都圏での買い占め問題。アンパンマンの「ボクの顔をお食べよ!」メッセージを思い出しましょう。もし仲間にそういう輩を見かけたら、教育的指導をしましょう。今さら多くを語りませんが、不要不急の買い占めはカッコ悪すぎだから、やめてほしい。ね。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-03-17 10:11 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121