2011年3月8日 本日、休肝日。

先日、新宿にある人気ラーメン店の風雲児でランチしました。行列ができる前に入店できたのでおいしく楽しくいただけたのですが、驚いたのは店の空気感。店主自ら厨房のセンターに立ち、お客さん一人ひとりに対し丁寧に静かに対応されていたのが印象的でした。


ラーメン店の挨拶は居酒屋よろしく、ぃらっしゃッセェ〜って感じが多いのですが、ここは違った。スタッフ間のやりとりにも無駄な私語はなく、見られていることを意識した振る舞いで挨拶するのです。厨房を舞台に見立てて、おもてなしの心を持って一杯を供す。


繁盛店は旨いだけじゃないよ。呑むたびそんな会話もするけど、実際に体験すると上には上がいるなあと感心しました。一杯数百円にそこまで徹底するか、という厳しささえ覚える緊張感。しかもスープは無化調、店主自ら湯切りした麺を整えて完成する究極の一杯。


シンプルな営業スタイルゆえ、突き抜け感が殊の外目立ちます。何日経っても話題にしたくなる記憶に刺さる店。なんて、何を呑んだか忘れることも多いクセにね。そんな火曜は休肝日、目指せ週一回と言いつつ今年まだ五日め。深夜ウオーキングで埋め合わせよう。

[PR]
by t-jack2121 | 2011-03-09 00:01 | ほんとに雑記。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121