2011年2月4日 金曜は五つのお店に訪問。

午後の気温が十三度あった金曜日。西新宿で会議のため早めのランチを狙って訪れたのがすっぽん田一。すっぽん料理を良心価格で供する人気店らしく、ランチも量感たっぷりでおいしかった。次はぜし夜に訪れたい。のち、腹ごなしにエクセシオールカフェで珈琲。



会議の後の反省会、新宿駅東口脇のベルクでエーデルピルス。当店、新宿ルミネから数年にわたり立退きを求められ、今なお継続中なのは有名です。反対署名を半年で一万人を集めたのは、珈琲と麦酒と煙草、そしてこの店のアングラな空気を愛するファンの皆さま。

狭い店としての約束がある一方で、常連さんが作る共有のための約束のようなものも感じます。店の負担を軽減し他の客を気遣う、そのおかげで次々と入れ替わるお客みんなが平等に短くも至福の時間を味わえる、大人度の高い店だと思います。こちらご覧ください。



b0166747_15294396.jpg
夜、ナゼかリヨンモードで、銀座のブションドールにて遅めのゴハン。ワシらこの日最後の客。ワインは白のローヌを1本のみ、ツマミにとミニソーセージ&ポテトグラタンをいただくが特に後者、馬鈴薯の茹で加減とクリーミーな味わいが絶妙の逸品、共に七百円。


b0166747_15302391.jpg
リヨン風サラダは見た目も楽しく、ニシンの燻製のスモーキーな香りがたまらん。とろとろ卵を割って絡めていただくが、たっぷりの量感がスバラシイ。店内は金曜日ということもあり年齢層もさまざま、だがワシらが来店してからはオーダーもなくまったりモード。


b0166747_15304262.jpg
メインはエゾシカ。ベリーソースの酸味がたまらん美味なる一品。たっぷりのソースに皿右上に見えるチョコレートを少々添えていただくと、これまた悶絶。最近、チョコとのコラボ料理が多いですが、コクというか深みというか、別ゾーンな楽しみが加わり楽しい。



てな感じで零時前にゴハン終了。一端帰社した後、二五時半位に出かけ直し、仕事を終えた某店の方とマルイチで懇親会。年に何度もないことだが、たまのお付き合いも互いの勉強。夢を語る若い人から、たくさんの刺激をいただきました。結果、朝の五時に散会ス。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-02-05 15:31 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121