2011年1月27日 それは背徳?

木曜は神谷町にて。おいしくて安心安全、かつアルバイトの負担を強いない仕組み構築という前向きな話で一献。この会社は商品力ありき、圧倒的価値が備わらなければ店舗拡大しないスタンスで、バイイングパワーを価格ではなく価値に注ぐ哲学で運営しています。


大切な一食を預かるため、真っ当な食材を用いてキチンと作り、喜ばれる雇用も生み出して、適正な利益をいただき社員と社会に還元する。至極当たり前なことなのに、見ないフリをしたり遠回りしたりする企業が多い。いや、企業というよりも動かしている人かな。


多店舗化が前提の業態立ち上げでは、成功した企業のキーパーソンを引き抜き丸ごとコピーするケースが結構多いです。利益を生むハコを手軽に作る、そんな感じ。だから会議はどんな価値を届けるかではなく、こうすれば同じ味になる、という馬鹿げた話ばかり。


b0166747_14441146.jpg価値>価格の本質よりも、圧倒的安さばかりが報道される世の中。真っ当な価値が感じられる商品は、ブレないタマシイがあるからこそ届けられます。

そんな話をしながら熱燗を三合。〆は帰宅後に鮭茶漬け。昆布ダシを取って作るとカドが取れて、円みさえ感じる味わい、まこと背徳の美味でありんす。
[PR]
by t-jack2121 | 2011-01-28 09:44 | ほんとに雑記。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121