2011年1月24日 酒場MARUICHI@新橋一丁目

b0166747_15422478.jpg
月曜、午前中は企画書作成、のち銀座三丁目の物件にエントリーした知人と合流し不動産屋立会いで内見。ランチに事務所で賄いカレーを、のち有楽町イトシアで某社のライセンス事業立ち上げに関する打合せ、帰社後それらの資料整理と翌日の準備をこなし新橋へ。


さて、夜はマルイチ。カウンターで一人、半蔵の純米生原酒を呑み終える頃、静岡の師匠が登場され合流。和酒を酌み交わすのは久方ぶり、半蔵の純米、出雲富士の佐香錦純米、東光の純吟をそれぞれ燗にて。相変わらずアテは秀逸、身体もしっかり温まり上上の時。


年配のサラリーマン同士、番組制作会社のカップル、出勤前のオネエさんと逢瀬を楽しむ自営業者、そして一人酒を楽しむ男子ナドナド。その半数近くが、日本酒を楽しんでいるのがこの店の面白いところ。早い時間に訪れる様々な客とその使い方は勉強になります。
b0166747_1542452.jpg

雨の中、折り畳み傘一つで二人の頭部を露払い。酒仙堂に着く頃はそれぞれ片半身びしょ濡れ。復活した店主と十日ぶりの対峙、ホットカクテルに始まりウオッカで止め。零時過ぎに店を出た後、はしごのザーサイ麺で背徳の〆。お師匠さんには深謝申し上げます。
[PR]
Commented by taikomochi-otona at 2011-01-25 22:06
毎週のお付き合いに多謝。
「銀座酒場 MARUICHI」、とっても気に入りました。
ありがとうございました。
来週も東京に行くことはいきます。
Commented by t-jack2121 at 2011-01-25 22:31
>太鼓持さん
いや〜、御世辞にもお褒めいただき恐縮です。
店長のM本氏になりかわり、厚く御礼申し上げます。なんて。

来週も上京されるスか。
東京事務所の開設間近、ってことでしょうかね。(^^ゞ
by t-jack2121 | 2011-01-25 09:41 | 外で呑む。 | Comments(2)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121