201001018 Le Nougat(ヌガ)@銀座六丁目

声が掛かったのが3月、納品が9月末、半年がかりの案件が終わり、依頼主を招いての打上げを銀座のビストロヌガで敢行。ワシの小遣いとセンスではそうは行けぬシノワというワインバーの系列、訪れるのは今宵が二回目。この日は総勢五名での利用と相成り。


以前は男子二人で一階の小さな丸テーブル。その時は上品なマダムがいらして場も和んだが今回は二階。壁に描かれたピンクのゾウが雰囲気を醸し、ソツのないサービスでイケメン男子がもてなし、マダムはおらんかったのは残念だが、半分接待的な場には上上。
b0166747_10303484.jpg
b0166747_10304497.jpg
定番のラペ、シェーブルチーズのサラダ、鴨とサツマイモの前菜など序盤から良い感じ。けど、五人でシェアするのは難しい。一皿だと一人ひと口だし、バイ2だと多すぎる。ビストロで食い倒すには四名が限度か。しかし、値段なりのポーションは実感できます。


この日は月曜日。他の卓では十名を超えるところもあってビックリ。決して高くはないけど、安い店でもない。二次会でワインをメインに楽しむ十名とは、羽振りの良い会社。しかし、銀座はこうあって欲しいもんです。週明けから元気に呑んで、ワイワイ騒いで。


普段はビストロとは縁が薄い男子どもにも食べてもらいました、タルタルステーキ。ポジティブに供する店の少ない中、久しぶりの生肉に全員感嘆。やべ、外食産業に携わる方にとっちゃ禁止食材だったかも。なんて後の祭り、しっかり完食、好きなモノは好き。
b0166747_10312695.jpg
b0166747_10313576.jpg

続いてパテ、トリップ、雛鳥ロースト、挙げ句はカスレ、さらにオムライスを頼む人も。こりゃセーヴしないと脂肪肝まっしぐら、圧倒的に野菜不足です。偶然、同席者に脂肪肝経験のある方がおられ、万全の決が下るまで食事制限と運動を四年間も続けたそうな。


料理を結構食べ、甘味も二品、呑みものが麦酒5、モスコ1、白赤各1本、珈琲で会計はひとり壱万円弱とはまずまず。ま、呑めぬ男子二名が乾杯の後ボルビックで通してもらったおかげ、それも折り込み済み。真裏がバーなれど、一時間残業のため健全帰路に。

ヌガのサイト。音がでますのでご注意を。
[PR]
by t-jack2121 | 2010-10-19 09:29 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121