20100912 chinese青菜@丸の内 で週末ランチ

週末、ポンデュExのあとテルミニでワイン二杯、その後よせばいいのにバーへ行って撃沈。一日社内でモニター相手にシゴトしていると、人と話したい欲求が無意識のうちにね、なーんて言い訳をこんなところで書いても仕方ないけど、いちお反省しゆうがです。

さて、日曜はアイウェアの修理で新丸ビルのdecoraTOKYO。購入は三年前ですが、モノを差し出すとナント保証内だから無償修理、しかも、名前も告げぬのに控え書に氏名が。結構高かったけど、次も買いたいと思わせる、そのスタッフ力と商品力は素晴らしい。
b0166747_19335831.jpg

ランチはブリックスクエア。知人がコーディネートした、まんてん鮨に行こうと思うも、呑むと散財しそうでパスし、際コーポ社の青菜に転換。日曜の十三時前、客の入りは四割ほどで、そのほとんどが女性。店内はクラシカルなトーンで上手くまとまっています。
b0166747_19342412.jpg

小菜二品のフカヒレ入りの煮こごり旨し。麦酒にはもったいない、つか、瓶麦酒は小瓶、しかも六〇〇円。ドリンクメニューを見ると、呑むなよッて感じのする価格設定です。
飲食店におけるドリンク価格の設定、もうチト呑む側の立場にたって考えて欲しいっす。
b0166747_1935089.jpg

二色手打ち水餃子のあと、海鮮春巻きと大根もち。特に大根もちは美味。さすが、中華に特化して十数業態を開発している会社だなあと感心。この時、既に片手にゃ白ワイン。
b0166747_19353245.jpg

直径十五センチもあろうかという、しみだれ肉まん。麺の前にこれが出てくると、最初この量感にちょっとビビリました。別卓の女性は残しておられたようですが、見事完食。
b0166747_19355314.jpg

〆は鶏青菜麺。ハーフサイズながら食べ応え十分、少々塩が強いが文句なく。これに杏仁豆腐と中国茶が付いて税込二二百円は高CP。惜しむべくはドリンクの価格くらいか。

b0166747_1936226.jpg

[PR]
by t-jack2121 | 2010-09-12 19:36 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121