20100804 キビナゴ@すしざんまい奥の院。

八月四日は箸の日。箸供養を・・、つか本当はサッポロライオンの
ビヤホールの日でして、ビール全品半額を狙うつもりだったけれど
時間も遅いし、満席だかったらガッカリだし、気分はタテだし、と。

弊社の裏のウラ、奥の院は軽い顔なじみ。気軽に呑んでつまんでを
楽しむには十分で、チェイン店ながらスタッフはベテランが多いし、
適当にワガママ聞いてくださるし、オマケに安くて重宝しています。

昨夜の連れは熊本と新潟の出身、ワシが土佐で板さん岡山。地元の
話題ついでにと熊本産キビナゴのにぎりが登場、南九州や四国など
静岡以西ではよく知る魚。艶がよくてミネラル感さえ想う夏の後味。
b0166747_10313349.jpg
高知でも日常的な魚でしたが、鮮度が落ちるのが早いためか、昔は
生を口にすること自体が稀でした。鹿児島では居酒屋を訪れた時に
刺身を普通に食している姿が印象的で、土地柄を感じたものでした。

つまみちょんちょん、八貫を握ってもらったあと一本釣りシイラの
漬けを振舞っていただく等サービス上上。初ざんまいの連れも嬉々。
二時間弱の滞在、瓶麦酒二本、酒七合で一人四千円強は抜群のCP。
[PR]
by t-jack2121 | 2010-08-05 09:30 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121