20100728 升酒には天然ミネラルたっぷりの塩を。

b0166747_1141684.jpg
銀座四丁目と五丁目を晴海通りの地下で繋ぐ小路に、名画座宣言を
した銀座シネパトスという映画館があります。シニア向けに独自の
視点で選ぶ作品や名画の上映が好評で、地方から来る方も多いそう。

その映画館のちょうど真上にあるビルの二階、知っているが入った
ことのなかった居酒屋、傳八があります。その存在、晴海通りでは
看板が目立つものの、ビミョーな鄙びた感に距離を置いていました。

で、思い切って入ってみると、やっぱ鄙びていました。でも、良く
言えば昔懐かしい大衆感たっぷりの居酒屋。百人以上入れる大箱で
客層は三〜四〇代、身なりもそれなりの銀座男性が中心のようです。


大衆感は雰囲気だけでなく肴の品揃えにも伺えます。イワシ料理と
牛タンがウリなのですが、他は昔の養◯乃瀧が背筋を伸ばした感じ。
安心価格で身近なんだけど、なんか、頼みたくなるものが少ないの。

厨房には男性が四人、ホールはおばちゃん二人と男性が二人、放っ
とかれ感もなくキビキビと接客してくれます。この人数と店面積と
銀座家賃を考えると、月商で一本超は欲しいが、売っているのかな。

酒は安いです。黒ラベル中瓶が五百円、菊正宗の樽の升酒が五百円、
燗酒は将軍という名(怪しい)で大徳利が五百円、ほか焼酎もグラス
四百円台と良心的です。ま、その程度ゆえ利用シーンは限られます。


サキイカの天ぷらを頼んだら、ホントにあのさきいか。カタカナの
表記だから、アオリイカ、シロイカとか勝手に生を想像しちゃった。
でも、許す。升酒に添えられた塩がNaCLだったのがチト残念ね。
[PR]
by t-jack2121 | 2010-07-31 10:03 | 外で呑む。 | Comments(0)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121