20100728 掲げるメッセージに矜持を。

鈍感力という言葉、本から派生して流行ったのは三年ほど前ですか。
人生イロイロ、どんな時もクヨクヨしないで、へこたれずに、物事
を前向きに捉えていく力が鈍感力なのだ、と知った記憶があります。

その意味において、成長拡大している飲食店の経営者は、鈍感です。
つか、前例にとらわれず、風を掴むのが早く決断力もある。周りが
ワーワー言っても止めない限り修正すればよいと腹を括ってますし。


さて、毎月二八日は鶏の日ということで、久しぶりに銀座で焼鳥を
食べようと、三原小路の端にある焼き鳥屋を訪問しました。ご夫婦
二人で十八席の小さな店。店頭の品書きを見ると、価格は結構安い。

しかし、脱サラ組でしょうか。商売人として、旨いもん食わせたる
とか、ゆっくりしてってね〜みたいな、そういう空気が皆無ですが
ま、そんなのに怯む質でもないし、多少の期待を込めて座りました。

外壁には、愛の一串の文字、店の名も女性を意識した感じ。女性と
二人でしたが、何かしら言葉をかけてもらったり、おすすめ提案を
されるわけでもなし。瓶サッポロを頼むと、店主が無言で供します。


焼鳥は全て一本から注文可。おすすめのつくねは二本で五百円だと
品書きにあったので店主に口頭で注文するが、奥さんを介し品切れ
の旨を伝達させる始末。また鶏スープはクリアで、これ粉末かなぁ。

串は塩とガス火の加減が強く、肉質を損なう寸前で。また、冷奴は
醤油がかけられて供されるなど、総じて塩分感覚が微妙。つまみは
数少なく季節感なし、利用は二時間までと謳うがそれまで保つかな。


場所柄家賃を考えると経営は大変のはず。だって顔に出てますもん。
店を良くする術は、いくらでもあります。でも、僭越ですが、もて
なしたい欲のない人に私たちのアドバイスは刺さらない気がします。

また、外壁の愛の一串メッセージですが、できないことは書かない。
このままでは恥の上塗り。壁の一部と化したのなら正に、鈍感です。
健やかで愛ある店作りを再考し、誇りを持って掲げ直してください。
b0166747_11115912.jpg

[PR]
Commented by 太鼓持 at 2010-07-29 13:27 x
こういうことを書くと営業妨害だ、などとのたまう輩が出るが、
記事にも愛があるかどうかは読めば判るというもの。

おしなべて小説や映画などの評には、
営業妨害などと言うものは少ないのに、飲食店となるとそうなるのは、
半素人が一生懸命やっているのに、みたいな同情がないか。

しかし、当然のことながらそれは誤りなのであって、
今後どんどん書いて欲しい、T.J氏よ。まかせたよ。
Commented by t-jack2121 at 2010-07-30 11:00
>太鼓持さん
お久しぶりです。ふぃ〜、お叱りかと思いました。
なんだか、腹が立ったわけでもないんですが、銀座に店を出すために
身命を賭する!的な人もいるんだから、オッチャン頑張ってぇなと。
実際、主にも読んでほしいくらいですよ。って、愛の一刺になったスか?
by t-jack2121 | 2010-07-29 09:12 | 外で呑む。 | Comments(2)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121