西麻布「矢野家別邸 ごちぜん」

夜に散財することが見えている日中、昼飯代を削ろうか、なんてことを考えたりする。築地市場が近いからそこで喰えばと人はいうが、その築地は場内外に関わらず食事処は観光地価格を適用した店が多く、利用する店はいつも同じだ。

で結局は事務所でカップ麺。ベジ不足ゆえ夜はしっかり野菜を摂ろうってその時は思う。いや毎度呑みの時も野菜や積極的に注文する。どうみたって夕食比重が高いので、量をいただく分バランスを重視するは必定。それも一週間でね。

この夜は西麻布。前々職の同期と呑み、店はこの春に店開きしたごちぜん。店の主も、その同期の一人。勤め人時代、夜間で調理学校に通い、週末は自宅でパーティを兼ねた講習会を行い、さらには個人でケータリング受託もこなした。

幅広い人脈を作り、不惑を過ぎ異業種から独立しての開業。店主はあまり和酒を嗜まぬゆえ、味付けは淡白というか薄め。関西人だし素材重視の趣旨もわかるが、酒呑みには少々もの足りぬか。とまれ、酒程々の御婦人には上々らしい。

主力は、兼業養豚をしている友人が育てた三元豚。小規模ながら飼料と育成環境が自慢だ。また豚舎横には肥料工場も併設し、西埼玉の農家に評判の肥料を供給している。写真は、その肥料で作られた間引き人参など。確かに、美味。

酒は幅も深度もそこそこ。清酒は店主が灘出身なだけに、奥播磨と仙介、それに喜久酔と開運、白岳仙など。個人店って、店主の色に合う顧客が集まるもの。だから私の目線どうこうより、まずは彼の世界観でファンを増やしてほしい。
b0166747_10494621.jpg

[PR]
Commented by taikomochi-otona at 2009-05-20 11:59
酒の揃えは共感しますなぁ。実は拙宅に白岳仙の在庫もアリ。

で、あっちにも同じこと書きましたが、カップ麺は金ちゃん?
Commented by t-jack2121 at 2009-05-21 10:13
>太鼓持師匠
灘に、しぞーか、文句なしでしょ。

カップも徳島製粉>日清製粉。ぺらぺらのプラカップ懐かしいっすね。
私はカップヌードルの具が、相性悪いんですよ。エビと肉モドキのが。
by t-jack2121 | 2009-05-19 10:50 | 外で呑む。 | Comments(2)

蕎麦の笊に顔を埋めて堕ちたことをネタにされています


by t-jack2121